彼氏ができても、いつもあまり長続きはせずに、短命の恋で終わってしまう。

そういった女性は、恋愛への考え方や行動に、何かちょっとした原因があるのかもしれません。

そこで今回は、なかなか恋が「長続きしない」原因を紹介します。

いつも短命に終わる…なかなか恋が「長続きしない」原因

「好きじゃない」のに付き合う

「『好きだ!付き合いたい!』って言われると、流されてOKしちゃうことが多いです。で、付き合ったあとに、私はそんなに好きじゃないかもって思っちゃう」(27歳/女性/広報)

まだ本当に好きかどうかがわからない状態でも、押しに負けて付き合ってしまうことがあるという女性は意外と少なくありません。

それでも、付き合ったあとで好きになっていけるのならいいですが、「やっぱり好きではないかも」と感じるケースもあるもの。

後者のようなパターンになることが多い場合は、自分の中ではっきりと「好き」という気持ちになるまでは、付き合うことにはOKはしないほうがいいでしょう。

「期待」しすぎている

「彼氏への期待度が大きすぎるんだよって、友達にいつも言われます。だから、すぐに嫌になってしまうのかもしれません…」(29歳/女性/WEBデザイナー)

ああしてほしい、こうしてほしい、こんな彼氏になってほしいと、期待ばかりを膨らませると、それを満たしてくれないことにイラ立ちを覚えるようになりがち。

相手にばかり求めるようになると、男性側も息苦しさや窮屈さを感じるようになってしまいます。

それでは悪循環に陥るだけなので、してくれないことへの不満を募らせるよりも、してくれたことへの感謝を表したほうが、関係性は深まっていきますよ。

いきなり「飛ばしすぎる」

「付き合うと一気にスイッチが入っちゃうから、過剰に愛情表現をしてしまうかも。だから、『重いんだよね』って男性から言われることも多いですね…」(31歳/女性/飲食)

好きな男性と付き合うことができたら、ものすごくうれしいという気持ちはわかります。

とはいえ、いきなり愛情を爆発させて飛ばしすぎると、すぐに飽きられたり、重いと思われたりすることになるだけ。

相手のペースにも合わせつつ、一方的に思いをぶつけるようなことにはならないようにしないと、いつまでも一緒にいられるような恋愛はできませんよ。

「中身」を見極めていない

「やっぱりルックスばかりで選ぶから、長続きしないのかもしれません。カッコイイんだけど最低な男に、何回か捕まってしまった経験があるんで…」(25歳/女性/美容関係)

中身をしっかりと見極めないで付き合ってしまうと、付き合ってから後悔することにもなりやすいです。

もちろんルックスも条件なども大事ですが、それだけになってしまうのは危険度も高いもの。

ここだけは譲れないという中身のポイントをいくつか挙げて、その点だけは必ずチェックするようにしたら、恋愛にもいい変化が訪れるでしょう。

おわりに

いつまでも長続きするような恋愛がしたいのであれば、付き合う前の見極めもとても大切。

勢いだけに任せすぎると、冷静になったときに「なんか違うな」と思う羽目にもなりかねないですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)