どんなに好きな女性に対してでも、飽きが生じてしまうことはあるものです。

そういった状態になっているときには、男性は行動や態度にちょっとした兆候が見られやすいです。

そこで今回は、男が「飽きてきているとき」に見せるサインを紹介します。

早く気がついて!男が「飽きてきているとき」に見せるサイン

「うわの空」によくなる

「気持ちが冷めてくると、一緒にいてもつい違うことを考えたりしちゃう。どうしてもデートに集中する気になれなくなる…」(32歳/男性/メーカー)

一緒にいるときにうわの空になっていることが多い男性は、もはや心ここにあらずの状態なのでしょう。

女性に夢中なときには、楽しい時間を思いきり満喫しようとするはずなので、そんな様子はなかなか見せないもの。

あなたといても他のことを考えるようになってしまったときは、あなたに飽きている可能性が高いので、「ひとりの時間」を持ち合うことも必要かもしれませんよ。

「話題」を振ってこない

「彼女に飽きてくると、できればあまり話をしたくないと感じてしまうかも。聞かれたことにだけ答えているような状態になっちゃうことがあります」(27歳/男性/飲食)

会話をしてくれてはいるものの、常にあなたからしか話題を振っていない。

そういったことが増えてきたら、男性はあなたと一緒にいることに、本当はそんなに乗り気ではない可能性も高いです。

しかも、「うん」とか「へぇ」などと適当な相づちをすることが多いのなら、面倒に感じ始めている証拠でもあるので、そこで強引に盛り上げようとして逆効果にならないように注意してくださいね。

すぐに「忙しい」と言う

彼の言動に出る飽きサインは?

「申し訳ないけれど、飽きてきているときには、『ちょっと忙しくて』と言って会うのを避けるようにしている。一緒にいても苦痛に感じるだけなので…」(30歳/男性/音楽関係)

デートの約束や食事のお誘いをしても、「忙しい」という理由で断られることが増えてきた場合は、あなたとの関係性に飽き始めているのかも。

もちろん本当に忙しいのかもしれませんが、特に穴埋めや代わりの日程を全く作り出そうとしてくれないならば、「会いたい」という気持ちは薄れてきているのでしょう。

「ちょっとひとりになりたい」とか「趣味や友人との時間もほしい」という思いから、男性は「忙しい」と言うことも多いので、それに応えてあげることも大事ですよ。

「デートプラン」を練らない

「彼女への思いがなくなってくると、デートも適当になってしまいます。色々と計画を立てようという気持ちが、どうしても薄れていく…」(32歳/男性/美容師)

一緒にいることに飽きてきているときには、ちゃんと計画を立てたデートなどをする気にはなれないでしょう。

明らかに手抜きのデートや同じようなデートコースばかりになってきたら、仕方なく会っているだけの状態かも。

今までに体験したことがないデートや、男性の趣味に合わせたデートなどをあなたのほうから提案してみたら、ふたりの関係性を多少はリフレッシュできる可能性はありますよ。

おわりに

今回挙げたようなサインが見られたのなら、男性はあなたに飽き始めているのかもしれません。

早めに気づいて、早めに対処すれば、そのまま破局へ向かうようなことはないはずなので、まずは見逃さないことが重要ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)