緊急事態宣言が解除され、晴れて恋人とのデートを再開しているカップルも多いのではないでしょうか。

それでも、お店の営業時間は短縮傾向にありますよね。

さらに三密を避けるため、店内の座席配置は変わり、デートがままならないこともありますよね。

そこで今回は、デート時間が短く行ける場所が限られている中でも、彼と楽しく過ごせるコツを考えてみました。

デートの仕方に困っているカップルのみなさんは、ぜひ一度チェックしてみてください。

制限があっても!彼とデートで「もっと関係を深める」コツ3つ

(1)公園デートでピクニックをする

三密を防ぐために、人混みの少ない公園をねらうのがベストです。敷地が広い公園なら、より感染リスクを下げられるでしょう。

また歩くことで、日ごろの運動不足を解消できるのもメリットのひとつです。

いまの暖かい時期なら、長時間外に居ても平気ですよね。

春から夏にかけて、たくさんの花が咲いているので、自然観賞も楽しめるので退屈しないのではないでしょうか。

天気がよければ、公園でお昼を食べたり、お弁当を作って彼氏とピクニックしたりするのも、デートらしくてステキです。

短い時間でも充実したデートになるはずですよ。

(2)家デートで同棲気分を味わう

お互いの健康チェックを綿密にしたうえで、問題がなければ家デートもおすすめです。

家デートのいいところは、公の目を気にせずに過ごせるところです。

どちらかの部屋に遊びに行って、テレビ、ゲームなどをしながら、のんびりと休日を堪能してみてはいかがでしょうか。

あるいは、勉強や仕事などやることがあるなら、時間を決めて各々過ごすのもよさそうです。

イチャイチャできなくても、ひとつ屋根の下で恋人と過ごせるのは、幸せな時間ですよね。

また家デートは、プチ同棲気分を味わえるのが醍醐味です。彼の部屋に遊びに行ったら、お礼に料理を作ってあげてはいかがでしょうか。

ふたりで協力してご飯の準備をするのも、家デートでしかできないことなので、短いデート時間でも充実感がありますよ。

(3)ドライブデートでふたりの時間を過ごす

制限ばかり…今後のデートパターンは?

彼とふたりきりの時間を過ごしたい。外出を楽しみたい。そんなときは、ドライブデートもオススメです。

車のなかは、ふたりきりの空間。プライベートな話題をしても、周りの目は気にならないですし、さり気なく手を繋げます。

飲み物をテイクアウトして、車内で雑談しながら楽しむのもよし。ゆっくりと外の空気を堪能しながら味わうもよし。

短い時間でも、ふたりだけの時間を確保できれば、寂しさも解消されるのではないでしょうか。

短い時間で彼との関係を充実させよう

緊急事態宣言が解除されたといえ、コロナの感染リスクは変わらぬまま。

大事な人を守る意味でも、人との接触はなるべく少なくしたほうが身のためです。

デートの仕方に悩んでしまったら、こんな方法でふたりの関係を充実させてみて。

考えられるデートプランが増えれば、彼と会えない寂しさの解消に繋がるはずですよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)