過ごしやすい季節になり外でのデートを考えている人も多いのでは?

屋外デートは、屋内デートと違って注意すべきポイントがたくさんあります!

今回は、男性陣に屋外デートで女性に対して幻滅した瞬間を聞いてみました。

この子ないな…男性が屋外デートで「女性に幻滅した」瞬間って?

明るい場所で見たらメイクが濃くてびっくり!

「合コンでかわいいなと思った女子を、ドライブデートに誘いました。昼間に会ったらメイクが濃くてびっくり。バーではきれいだなと思った目元も、日光の下ではギラギラ。ナチュラルメイクの女性がまぶしく見えました」(28歳/営業職)

間接照明で美しく光るラメや濃いポイントメイクは、太陽の日差しの下では派手に映ってしまうことがあります。

またファンデーションの厚塗りは、明るい屋外ではバレバレになることも。

屋外デートではナチュラルメイクがよく映えます。モテる女性は夜と昼間でメイクアイテムを使い分けているそうですよ♡

とことん日差しを避けまくる全身ブラックコーデに幻滅

「気になる彼女とピクニック。しかし、彼女の姿にビックリ!つばが長い帽子にサングラス、長いアームカバーと芝生に座れば足元にひざ掛け。UV対策なのか全身黒コーデで、魔女なの?と思いました」(33歳/IT関連)

強い日差しはお肌の敵ではありますが、過度なUV対策はデートコーデには不向きです。

相手に「外デートに誘って申し訳ない」と思わせてしまうことも。

UVカーディガンを羽織る、デート前に日焼け止めを入念に塗っておく、などお洒落の邪魔をしない対策でデートに向かいましょう♡

TPOをわきまえないコーデで空気読めない女子っぷりに幻滅

外デートで気をつけるべき点は?

「テーマパークデートなのに彼女はピンヒールで登場。そして足が痛いからと少し歩いてすぐに休憩。歩くことは事前に分かっているハズなんだから、もう場をわきまえたコーデをしてほしかった」(23歳/大学院生)

ヒールをはくのは「少しでもかわいいと思ってもらえるコーデをしたい!」という乙女心からだと思います。

しかし、男性からすると「歩くと分かっているハズなのになぜ?」と不快に思ってしまいます。

これでは、「TPOがわからない女子」というレッテルを貼られも仕方ありません……。

ほかにも、バーベキューデートなのに全身白コーデで汚れを気にする、などのケースも。

TPOに合わせたコーデが大切ですよ。

屋外デートでは明るい日差しや自然を味方につけて印象アップ

屋外デートは、夜のデートや屋内のデートとは少し違って、健康的なイメージが好まれる傾向にあります。

アクティビティに合わせて、ヘルシーなメイクやコーデを心がけましょう。露出が多い季節は、ムダ毛処理も忘れずに!

屋外デートでの注意点を知って、幻滅されない楽しいデートが過ごせるといいですね♡

(愛カツ編集部)