素敵な彼氏とお付き合いするなかで「このまま彼と結婚できたらいいな」と、ひそかに思うことはありませんか?

でも、どうすれば具体的に結婚の話が進んでいくのか。その手順がいまひとつ見えてこないことが多いかもしれません。

そこで今回は、結婚に向けて彼氏との関係を深めるコツを考えてみました。3つご紹介しますから、ぜひ実践してみては。

デートだけじゃダメ?結婚に向けて彼氏と関係を深めるコツ3つ

1.彼氏を友人や知人に紹介する

彼氏のことを友人や知人に紹介できているでしょうか?

「彼氏ができた」「今日はデート」と、仲のいい友だちなどに、近況報告をすることはあっても、紹介までに至っていない女性は多いかもしれません。

付き合っているとお互いの関係は充実していくもの。

でも、せっかくのステキな関係が2人の間だけで完結してしまうのはもったいないですし、ちょっと寂しい気がしませんか?

もっと2人の関係がオープンになるよう、手始めに友人や知人に紹介をしてみては。

そのほうが、交流関係が広がりますし、周りに認知されることで結婚の話もスムーズに運ぶでしょう。

はたまたカップル同士での知り合い、相手の仕事仲間、友人などと仲良くなれば、相手を多面的に知るのにも役立つのでは?

2.共同作業で失敗する

結婚ともなれば、2人で協力すべき場面がたくさん出てきます。

たとえばひとつ屋根の下で暮らすだけでも、家事、育児、生活費などさまざまなことを一緒に考える必要が出てくるでしょう。

自分1人だけなら気ままに生活できますが、相手がいるとなれば、お互いの存在ありきで生活しなければいけませんよね。

できるだけお付き合いしているうちに2人の絆を強固にして、息をピッタリと合わせたいもの。

デートで工夫をするなら一緒に料理をする、登山をするなど、共同作業を取り入れて。

一緒に計画を立てて行動すれば、お互いの考え方がより深く理解でき、2人の呼吸が合いやすいでしょう。

絆を深めるうえで意外と大事なのは、トラブルやハプニングです。

2人の関係や雰囲気が気まずくなるのは嫌かもしれませんが、トラブルやハプニングを乗り越えてこそ、お互いの大切さを改めて感じられるのではないでしょうか。

3.初めての経験をする

恋人は、特別な存在です。結婚も視野に入れているなら、近い将来パートナーになり得る相手ですよね。

そうした相手との関係を深めるには、お互いが初めてのことをたくさん経験することも大事。

たとえばマンガ喫茶で一夜を過ごす、オープンしたてのお店に彼氏と一緒に行くなど。ポイントは、お互いが未経験のことにチャレンジする点です。

なんでもいいのです。とにかく未知のことに挑戦してやりとげれば、2人の成功例ができますね。
成功例がいくつもできることで、2人の自信や信頼につながってくるでしょう。

恋愛するなかで自信や信頼を大きく育てられたら、お互いに「この人となら」と結婚が現実味をおびてくるはずです。

おわりに

結婚への足並みをそろえるには、外堀を埋めることに加えて、お付き合いの内容も大事です。

デートの仕方を変えて、2人の関係をもっと充実したものになるよう心がけてみると、ゴールがぐっと近くかもしれませんよ。

2人でいろいろなことに挑戦して自信や信頼を育て、結婚への意識を高めてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)