たとえば気の多い男性でも、本気で愛している女性に対しては、どこか態度や行動が変わるものです。

男性の干支別に、男性が本気で愛する女性にだけ見せる「愛情サイン」が、どんなものなのかを占います。

心当たりのあるサインがあるかもしれませんよ!

子(ねずみ)年生まれ…世話を焼きまくる

もともと世話好き体質の子(ねずみ)年生まれの男性ですが、本気で愛する女性には世話好き度がいつも以上に増えます。

焼肉屋では彼女のためにひたすら焼き、ちょっとぶつけたら「大丈夫!?見せて!」といった感じに。

愛されているなぁと実感できる愛情サインを体験できるでしょう。

丑(うし)年生まれ…武骨なスキンシップ

丑(うし)年生まれの男性は、口下手でマイペース。

本気で愛していても、キザなことをしたり気の利いたことを言ったりはできません。

その代わり、人にぶつかりそうになる彼女をガシッと捕まえて抱き寄せるような、武骨なスキンシップが愛情サインとなります。

寅(とら)年生まれ…束縛する

ロマンティック&ドラマティックな寅(とら)年生まれの男性。

本気で愛する女性は、誰にも見せずにしまっておきたい衝動に駆られています。

仲間の中からやたらと連れ出したり、飲み会などの参加を嫌がったりして束縛するのが、愛情サインと言えるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ…男を見せる

卯(うさぎ)年生まれの男性は、気のいい人気者ですが、お調子者で気が弱いところがあります。

でも、本気で愛する女性には男を見せるのです。

彼女に課せられそうな仕事を代わりに買って出たり、後先考えずにかばったりもするでしょう。

健気な愛情サインと言えます。

辰(たつ)年生まれ…微妙にツンデレ

辰(たつ)年生まれの男性は、不器用で恋愛下手です。

本気で愛する女性には気くばりを見せたいのですが、うまくいきません。

誘いかけて止める、何か言いたげな視線を注ぐ、セリフは優しいけど言い方がつっけんどん…など、微妙にツンデレ気味な行動が愛情サインです。

巳(へび)年生まれ…ふたりきりのときにサイン

他人とは一線を引くタイプの巳(へび)年生まれの男性は、本気で愛する女性がいるということを、周囲に知られたくありません。

よって、ふたりきりの時に愛情サインを出します。

それは愛いっぱいの眼差しだったり、本気のプレゼントだったり。

とってもわかりやすいでしょう。

午(うま)年生まれ…ほめて自慢する

午(うま)年生まれの男性は、基本的に「イイ女」好きです。

中でも本気で愛する女性は、特別な「イイ女」。

女性本人にほめ言葉を言いまくるのはもちろん、付き合っているわけでもないのに、「この人、ステキな女性でしょ」とまわりに自慢するのです。

未(ひつじ)年生まれ…ハイテンションで話しかける

内気で引っ込み思案な未(ひつじ)年生まれの男性。

意識しすぎるあまり、恥ずかしくって声をかけられません。

それでも、本気で愛する女性にだけは、勇気を振り絞って話しかけるでしょう。

それが痛々しいほどのハイテンションぶりであるほど、愛情があるサインと言えます。

申(さる)年生まれ…マジメに受け答え

チャラく女性に接するのが、社交的な申(さる)年生まれの男性。

深刻な悩み相談をされても「マジで~?大丈夫大丈夫」とノリで終わらせがちですが、本気で愛する女性には、マジメに受け応えをします。

言葉は柔らかくとも、目の奥に真剣さがあるのが愛情サインです。

酉(とり)年生まれ…極端なセリフ

理想主義・完璧主義の酉(とり)年生まれの男性。

考えすぎて、視野が狭くなることも多いのです。

本気の女性には、盲目的に思いつめるあまり「運命の人なんだと思う」「ソウルメイトに違いない」と、愛情サインとしては少々極端なセリフが飛び出てしまうかも…。

戌(いぬ)年生まれ…デートなどがレベルアップ

一般的であることを「最良」とする、安定志向の戌(いぬ)年生まれの男性。

本気の女性には、本来すべきこと…つまり、デートやアニバーサリーイベント・プレゼントなどの愛情サインがレベルアップしていきます。

本気でなければ、する必要がないのでしないのです。

亥(いのしし)年生まれ…ウブな少年のように

本気で愛する女性への、素直な気持ちを抑えられないのが亥(いのしし)年生まれの男性。

目が合ったら顔を赤くしたり、ちょっと触れ合ったら過剰に飛びのいたりと、ウブな少年のような行動になってしまうのが愛情サインです。

女性本人にも周囲にも、バレバレでしょう。

さいごに

「もしかして、彼のあの態度、私への本気愛情サインだった!?」なんていうものも、あったのではないでしょうか。

よーく思い出してみてください!

これから経験するかもしれませんので、しっかり覚えておきましょうね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)