気になる男性とのデートにこぎつけても、その先に進展できないケースがあります。

この場合、デート中のマナーに何か問題があるのかもしれません。

ちょっとしたマナーに気を付けるだけで、大きく恋が動き出すこともあります。

今回紹介する、男性がデートの際に女性にされて幻滅したNGマナーをチェックして、これまでの行動を振り返ってみませんか?

これをやったら即アウト!デートで女性にされて幻滅したNGマナー3つ

男っぽい言葉遣い

「気になってた子と3回目くらいのデートをしてたとき、ふと言葉遣いが気になったんです。『うまい』とか『やべぇ』とか、下品でガサツな感じがして。それからデートに誘うのをやめました」(30歳/美容師)

男性は、意外と女性の言葉遣いに敏感なようです。

せっかくいい感じになっているのに、男っぽい言葉遣いによって男性を幻滅させてしまうこともあります。

恋を進展させるためにも、デート中の言葉遣いには十分に気をつけましょう。

デートが盛り上がると、つい普段の言葉遣いが出てしまいがち。知らず知らずのうちに男っぽい言葉遣いにならないよう、普段から言葉づかいには注意しましょう。

男性が選んだ店のダメ出し

「俺が選んだお店の雰囲気が気に入らなかったらしく『ここイマイチだね』って言われて、一気に冷めたことがあります。性格の悪さが垣間見えた瞬間でした」(29歳/建設会社)

デートの場所を男性に選んでもらったとき、その場所やお店にダメ出しをするのはタブー!

きっとあなたの事を思っていろいろとリサーチしてくれているはずです。その気持ちを無下にするような発言は控えましょう。

ダメ出しをするのではなく、まずは感謝の気持ちを伝えることが大切です。「今日はお店選んでくれてありがとう」と素直に伝えると、好印象を与えられます。

おごったのに感謝の言葉がない

デートで気をつけるべき言動は?

「食事デートでおごったのにお礼の言葉がなかったので、もう絶対デートに誘わない。おごってもらうのが当たり前って思ってる感じが図々しくて感じ悪かった」(28歳/食品メーカー)

食事デートのシーンで男性におごってもらったときにお礼を言うことは、基本のマナー。

たとえ全額でなかったとしても「多く出してもらっちゃってごめんね」と言うことで、好印象を与えることもあります。

食事だけでなく、飲み物やちょっとしたお菓子などをもらった際も、お礼の言葉は忘れずに伝えましょう。

きちんと相手に感謝する姿勢は、思いやりのあるけなげで素敵な印象を演出できます♡

デートでは最低限のマナーを守ろう

いい感じの男性と恋の進展を望むなら、最低限のマナーを守りましょう。

言葉遣いに気をつけたり、感謝の気持ちを素直に伝えたりと、ちょっとしたことに気を配ることが大切です。

そのちょっとした気遣いが、男性の心を惹きつけてくれるはず。デート中の言動に気をつけて、意中の彼を射止めましょう♡

(愛カツ編集部)