恋愛対象外にされてしまう

何気なく発したひと言がきっかけで、男性から「この子はないかな」と思われてしまうことがあります。

だからこそ、気になる男性の前ではNG発言をしないための細心の注意が必要になってくるでしょう。

そこで今回は、男性から「恋愛対象外」にされてしまう危険なひと言を紹介します。

恋愛対象外にされてしまう

「他にも誰か誘う?」

女性と遊ぶ約束をしているときに、「他にも誰か誘う?」なんて言われたら、男性はかなりのショックを受けるはず。

「俺とふたりでは嫌なんだ」と、自分のことを拒否されたような気持ちにもなるでしょう。

「2人きりだと緊張する」とか「少しでも楽しくなるように気を遣った」という理由であったとしても、男性はそうは受け取ってはくれないので、この発言は絶対にNG。

男性が2人きりで遊ぶお誘いをしてきた場合は、あなたに気がある可能性が高いので、あなたも好意を持っているのなら、どんなに緊張しても2人きりで過ごすべきですよ。

「イケメン大好き!」

「イケメン大好き」とか「イケメンと付き合いたい」ということをいつも言っていると、男性側は「俺じゃ無理だな」と尻込みしてしまうもの。

しかも、ルックスでしか男性を見ていない「軽い女」な印象を持たれたりもするので、恋愛対象外にもされやすいかも。

冗談半分であったり、場を盛り上げるために言っていたりする場合でも、「イケメン好き」をあまりにも公言しすぎると、男ウケは悪くなる一方です。

また、イケメンで自信に溢れているような男性からは、遊び相手として狙われるような危険性も秘めているひと言でもありますよ。

「どこかにいい人いないかな」

彼氏がいないときには、なんとなく口ぐせのように「どこかにいい人いないかな」なんて言ってしまいがち。

もしくは、好きな男性に対して、恋人募集中だということをアピールするつもりで、そういうことを言う女性もいるかもしれません。

でも、男性からすると、自分の目の前でそんなことを発言をされたら、「あなたは恋愛対象外です」と言われている気分になるはず。

それではあなたも男性から恋愛対象外にされるだけなので、気になっている男性の前では禁句にするべきひと言ですよ。

「男ってさ…」

「ホント、男ってさ」とか「だから男ってさ」といった発言をすることが多い女性に対して、好印象を抱く男性はまずいません。

ましてや、「最近はロクな男がいないよね」なんて言われたら、たとえ自分のことではなかったとしても、ちょっとイラッとすらしてしまうかも。

そもそも男性は、「自分は絶対に正しい」といった感じで、上から目線で批判やダメ出しをしてくるような女性が大の苦手です。

「付き合ったらめんどくさそうだな」と思われるだけなので、せめて男性のいる前での男性批判はやめておくべきでしょう。

さりげないひと言に気をつけて!

何気ないひと言が、受け取り方の違いによっては大きな誤解を生むことにもなりかねません。

男性がどう感じるのかをちゃんと考えたうえで発言しないと、素敵な恋のチャンスだって逃してしまうかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)