「育ちが悪そう……。」という印象は、恋愛において、不利になることが多いもの。

反対に、第一印象で育ちの良さをアピールすることで、恋の逆転チャンスが訪れることもあるでしょう。

そこで今回は、男性が育ちが悪いと感じる女性の特徴をご紹介します。

付き合いたくないかも…男性が「育ちが悪そう」と感じる女性の特徴3つ

露出が多いファッション

「露出が多い女性は、育ちが悪そうだから第一印象で恋愛対象から外します。育ちがいい女性は、上品なファッションが似合う。要するに内面が外面に染み出るってことだと思います」(27歳/自動車メーカー)

やはり見た目の第一印象は、恋の進展に大きく関わることが多いようです。

育ちの悪さを感じさせる露出多めのファッションは、出会いの場では避けるのが無難。

露出の多さが品のなさや、あざとい印象を与え、逆に男性の視線を遠ざけてしまう可能性もあります。

ファッションは、内面を映し出す鏡のようなもの。上品な印象を演出するために、明るいカラーのワンピースやスカートをチョイスしてみてください。

ひざ下~ロング丈で、露出は控えめにすると好感度アップです。

食事のマナーがなってない

「食事のマナーがなってない子は、育ちが悪いって判断しちゃいますね。育ちがよかったら、最低限のマナーは身に付いてるはずでしょ。食べ方キレイな子はそれだけで魅力的ですよ」(30歳/建設会社)

基本的な食事のマナーがなっていないと、育ちが悪い印象を与えてしまいます。

お箸の持ち方や、食べている最中のおしゃべりなど、今一度普段の食事を思い返してみてください。

基本的なマナーをおさらいし、素敵な女性を目指しましょう!

言葉遣いが男っぽい

「言葉遣いが男っぽいと、育ちが悪そうだなって思います。昔やんちゃしてたのかなとか、気が強そうだなって思っちゃって、引いてしまうんですよね」(25歳/美容師)

男性との会話中に男っぽい言葉遣いを多用することで、ときに育ちの悪さを印象付けてしまうことがあります。

乱暴な言葉遣いは避けて、上品な言葉を口にするのがモテる女性の掟です。

言葉の前に「お」を付けたり、ゆっくりとしゃべったりすることが、育ちの悪さを感じさせないコツ。

女性らしい言葉遣いを意識して、男心をくすぐってみてください!

育ちの悪さを感じさせる言動は封印しよう!

男性は、ファッションや言葉遣いなど、ちょっとしたことに育ちの悪さを感じてしまうようです。

なるべく女性らしい言動を心がけることが、モテる女性になるためのコツ。

普段から少しずつ意識しておけば、ビジネスシーンでも役立ちます。

育ちの悪い印象は封印して、素敵な恋を楽しみましょう。

(愛カツ編集部)