LINEの返信が返ってくるから脈ありだと思っていたのに、それは好意じゃなかった……。なんて経験をしたことはありませんか?

脈ありのように思える行動でも、実はただの親切心ということもあるんです。

気になる彼との恋が、脈ありなのか、脈なしなのか、この記事を参考に判断してみてくださいね。

切ない片思い…この恋の「脈あり・脈なし」を判断する3つの方法

自慢話をしてくるかどうか

多くの男性は好きな女性の前では、少しでも自分のことを自慢したいと思うもの。

すごいと思われたり、尊敬されたりしたい気持ちが強い傾向にあります。

女性は自慢ぽく聞こえないような自虐ネタで自分をアピールすることが多いのに対して、男性はストレートに自慢話をすることがよくあります。

気になる彼が自慢やアピールをしてきたならば、「すごいね」と返してあげることで、「この子は俺のことを理解してくれてる」と思って距離が縮まりやすくなります。

しかし、まったく自慢をしてこないようであれば、脈なしの可能性が高いと言えるでしょう。

むしろ自慢することで、自分に好意を持たれたら面倒くさいと思っているかも……。

デートをしているときやLINEをしているとき、彼が自慢話をしているかどうかチェックしてみてくださいね。

共感してくれるかどうか

「今日仕事忙しかったよ~。ちなみに週末空いてる?」

こんなLINEを送ったときに、「空いてるよ~」の一言しか返ってこないケースは要注意。

仕事が忙しかったことに対しての「お疲れさま」という共感の文言がありませんよね。

そして、あなたの愚痴や悩み事に対して、親身に話を聞いてくれている様子が見られないならば、あなたに興味がないことの表れかもしれません。

男性は特に好きな女性とのLINEだと、気を遣って時間をかけて返信をすることが多いのです。

なるべく会話を長く続けたいから質問系の文章を送ったり、自分のプライベートな話を入れたりしてくるでしょう。

本当にあなたのことが好きならば、告白をして付き合えるまでしっかりと慎重に楽しいやりとりができるように心がけるもの。

あまり共感してくれないと感じたら、その彼は脈なしと考えた方がいいでしょう。

LINEの文字数が自分より多いか少ないか

あなたが送った文章と同じくらいの文章を返してくれるなら、脈ありと判断していいでしょう。

好きな女性のペースに合わせることで、親密感を出して距離を縮めたいという男心が隠れている可能性大。

長文の返信ほど脈ありなのでは?と考える人もいると思いますが、必ずしもそうではないようです。

多くの男性は、好きな女性に気を遣うために返信しやすい短文を送ることが多いのだとか。

「なんて送ろうかな?」と考えた結果、「これは言い過ぎかな?」とか「これとこれは同じこと言ってるから消そう」と推敲した上で短文になってしまうことも。

いずれにせよ、あなたの送ったLINEの文字数と、彼の文字数が同じくらいであるほど脈ありの可能性が高いと言えます。

おわりに

恋愛を成就するためには、相手の男性の行動をしっかりと観察して、脈あり・なしを判断することが大切です。

今回ご紹介した3つの方法を参考にして、恋のチャンスをしっかりと掴んでくださいね!

(阿部田 美帆/ライター)

(愛カツ編集部)