きっと誰だって、好きな人や彼氏には女性扱いされたいはず。

でも不思議と、美人なのに男性に女性扱いされていない女性もいれば、その逆の場合もありますよね。

丁寧に女性扱いされている人と、そうでない人の差は、外見ではないのなら一体なんなのでしょうか。

そこで今回は、女性扱いされる人と、されない人の差をご紹介しますよ。

意外となにげないことが、決定打になっているようです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

愛されやすい!「女性扱いされる人」と「されない人」の差って?

声の大きさや言葉づかい

声の大きさや言葉づかいによって、相手からの接し方がかなり変わることも……。

たしかに話し方は、人の印象を決定づける要素になることが多いです。

女性扱いされにくいパターンとして、声が大きくズバッとものを言うタイプの女性があげられるでしょう。

サバサバとした印象で、マニッシュなイメージを持たれやすいからかもしれません。

大きい声や男性的な言葉づかいをしている場合も、男性から「多少きつく言っても、雑に扱っても、この人なら大丈夫だ」と受け止められる傾向に……。

女性扱いされやすくなるために、普段の話し方を振り返ってみてはどうでしょうか。

声の大きさや話し方に気をつけるだけで、周囲の態度がガラッと変わるかもしれませんよ。

会話中の反応や笑い方

会話中の反応や笑い方も、周りからの扱いを左右するポイントになりがちです。

オーバーリアクションな子、豪快に笑う子は話しやすくて、「女友だち」としてはベストかもしれません。

ただし、快活・豪快な印象を与え続けていると、男性からの接し方もフランクになるので、女性扱いされにくくなってしまいます。

恋愛対象の女性として見てもらうには、フランクな雰囲気になりすぎないよう、雰囲気をうまくコントロールしてください。

フランク感が強いと、お互いに恋愛モードよりも、友だちモードになってしまいがち。

恋に進むきっかけもつかみにくいです。

好きな人の前では、ちょっとしおらしい雰囲気を演出するくらいが、女性らしく見えてちょうどいいでしょう。

下ネタや悪口に乗るか否か

楽しそうに下ネタや誰かの悪口を言ってしまうと、自然と女性扱いされづらくなります。

男性からすると、下ネタや悪口を言う女性は、異性として意識しにくいのでしょう。

それに、「デリケートではない=多少雑に扱っても大丈夫そう」と思われるからか、大切に扱われにくいです。

下ネタの話になった瞬間に、冷めた態度を取るのも極端ですが、あえて自ら口にしないほうが「上品な女性」というイメージがつきやすいのも事実。

さらに、振られた下ネタや噂話をうまくかわせるほどになれば、いい女と思われること間違いなしですよ。

ワザとサバサバ系を演じる必要はない

周囲の男性から女性扱いされる人は、見た目以外に言動などからも、女性らしさが際立ちます。

「自分には女性らしさは似合わないから」と、ワザとサバサバ系やボーイッシュ系を演じている人も、なかにはいるかもしれません。

でも大丈夫。

女性が女性らしくして、似合わないはずがないのです。

普段と違って恥ずかしい、という気持ちは一旦しまっておいてください。

毎日少しずつ女性らしさを意識した言動を取るだけでも、いつの間にか板につき、気づくとすっかり女性らしい自分になっているはずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)