ふわふわとしかわいいモノよりも、ちょっと渋めなモノが好きな「渋め系」女子。

実は男性がハマると、深入りしたくなる隠れモテキャラなのです。

渋め系モテ女子の魅力を探ってみました。

ハマると本命度高め!「渋め系」モテ女子を目指そう

「渋め系」モテ女子とは?

渋め系女子とは、囲碁や将棋、釣り、落語、レコード収集、アメリカンなバイクが好きなど、思わず「渋いねえ」と突っ込みたくなるような趣味を持っている女子のこと。

女子が好むようなファッションやメイク、恋愛トークにはあまり興味がないため、口数はそう多くありませんが、ぼそりと喋ったコメントが妙に面白く、同性にも好かれます。

自分の好きなことが、女子受けがあまり良くないと理解しているため、好んで自分の趣味について熱弁をふるいません。

でも、話しを振ると嬉しそうに趣味について魅力を教えてくれます。

控え目なのに話し始めたら博識で面白い、そんなギャップが愛される秘訣です。

「渋め系」モテ女子のメリット

渋め系女子のメリットについて、探っていきたいと思います。

・男性と話しが合いやすい

一般的に男性が好みがちな趣味を好む傾向にあるため、男性との会話が弾みやすいのが特徴です。

男性も好きな世界観を共有できるため、相手も心を開きやすい様子。

渋め系の趣味を持っていない男性も、自分の知らない渋い趣味や言動に何かを話せば面白い情報が聞けるという「打てば響く感」にハマってしまうようです。

・女子からの監視が少なく自由に動きやすい
男性受けを狙ったファッションや言動をする、いかにもな「モテ女子」は、他の女子からマークされやすいもの。

飲み会に誘われなかったり、「今度はあの人を狙っているみたいよ」と噂をされてしまったり。

嫉妬されることもあり、同性から足を引っ張られることもしばしば。

その点、渋め系女子はモテ女子カテゴリに属さないためノーマーク。意外と自由に男性とコミュニケーションがとれる傾向にあります。

趣味時間に時間を割くため、男性に追われる恋愛がしやすい

渋め系女子になるには?

渋め系モテ女子は趣味の時間を大切にします。

「彼氏命」な恋愛はあまりしないため、追うよりも追われるタイプ。

自分軸で恋愛が楽しめることで心に余裕が生まれやすく、余計に恋愛もプライベートタイムも楽しめるのです。

どうすれば渋め系女子になれる?

渋め系女子は、その人の考え方や趣向に惚れられるため、相手の興味が長続きしやすいというメリットも。

もっと言うと渋め系女子は、顔やスタイルに自信のない人でも目指しやすいです。

ではどうすれば渋め系女子になれるのでしょうか。

・興味のあることを追求する
誰でも渋め系モテ女子の要素はあります。みんなと違うことに興味があっても、それ以上踏み込もうとしていないだけ。

「これどうやってやるんだろう」と思っている領域を、趣味レベルまで楽しんでみるだけでOK。

とはいえ、無理に「渋め系モテ女子になるぞ!」と躍起になって、「暗渠(地下に設けた水路)」巡りをしたり、カルタを始めようとしても、そう長くは続かないもの。

一旦、モテ発想は置いておいて「興味があるから、楽しんでみよう!」というスタンスで、挑戦してみましょう。

・気になる人ができたらモードチェンジ!
一般的に、趣味ばかり追いかけていると、恋愛から遠ざかりがちと言われていますよね。

でも渋め系モテ女子は、自分の気持ちに正直。「好き」や「ときめき」を大切にします。

「気になる」「好きかも」という気持ちが生まれたら、趣味の時間を大切にしつつも彼とデートをして、いつもとは違う自分を見てもらうといいかも!

いつもは話しやすい「女友だち」と見ていた彼も、普段とは違う雰囲気を感じてドキっとしてくれるはず。

渋め系モテ女子を目指して、趣味も恋愛も楽しもう

何事も、自分らしく楽しめるのが理想ですよね。

趣味を追及したら彼氏ができた、なんて最高のシナリオです。

渋め系モテ女子を目指して、好きなことも、愛する彼との時間も大切にしていきましょう!

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)