年下男子を好きになったら

彼の態度が何だかそっけない……なんてとき、彼の本心がわからなくなってしまいますよね。

彼にとって自分が「本命」なのか、それとも「キープ」に過ぎないのか……つい不安になってしまうもの。

そこで今回は、男性が「キープ女子」を相手にしたときの態度を4つご紹介します。

男性が「キープ女子」にとる態度

1、友達や家族には紹介しない

本命の彼女かキープの彼女かを見分けるポイントが、「彼のプライベートに触れさせてくれるかどうか」です。

たとえば、彼の友達に紹介してくれるかどうか。

本命の彼女の場合、自慢や紹介も兼ねて友人などに合わせてくれるケースが多いもの。友達の他にも、親密な関係になればなるほど、家族やきょうだいなど、プライベートな人間関係を紹介してくれるはずです。

友人に紹介してくれない、あるいはプライベートな話題をあまりしたがらない場合は、もしかしたらキープ女子として扱われているのかもしれません。

2、急な誘いや連絡に応じない

本命彼女とキープ女子の違いは、「急なお願いや無理なお願いにどう対処するか」にも表れてきます。

たとえばちょっと遅い時間帯に会いたいと駄々をこねたりした時、本命の彼女ならちょっとは無理してでも「お願いを叶えてあげよう」と男性は一肌ぬぐものです。

一方、それがキープ女子だった場合、「今は忙しい」と断られるか、あるいは無視されるかもしれません。

急に電話をかけたときに出てくれないケースも、ちょっぴり怪しいです。

いつも都合を付けたときしか会えない・連絡できない、ということが続く場合は、あなたをキープしている可能性もゼロではありません。

3、LINEの返事をなかなかしない

彼に送ったメールやLINEの返信にも、本命かキープかの男性心理が現れます。

本命彼女からのメールやINEであれば、すぐに返さないといけないという心理が働きますが、キープ女子からのメールやLINEは後回しにされて返事が遅くなったり、ときには放置されて返ってこなかったり……なんてこともしばしば。

あなたがメールやLINEで連絡を取ろうしたとき、「仕事で忙しかった」「メッセージに気づかなかった」「寝てた」などで数時間後に返信が返ってくることはありませんか。

たまにはもちろんそういうこともあるかもしれませんが、頻繁にこうした理由で返事が遅くなるなら要注意。あなたがキープ女子として扱われている可能性を疑った方がいいかも。

4、「イベントデー」にデートしない

彼の本気度を見極めて!男性が「キープ女子」にとる態度4つ

一年に一度しかないようなイベントの日にしっかり予定を合わせて会えるかどうかは、キープか本命かを見分けるチェックポイントです。

チェックすべきなのは、バレンタイン、クリスマス、彼の誕生日など。

どれも一年に一度しかなく、万人にとって、あるいは彼にとって一年に一度のイベントデーですね。

これらのイベントデーに都合がつかなくて会えないと言われたり、近い日程にデートの日取りを組まれたら怪しいです。

本命の彼女が別にいて、あなたはキープ女子である可能性が高いかもしれません。

言動から彼の本気度をチェック!

今回ご紹介した4つの項目がすべて当てはまってしまった……という人は、彼にちょっと揺さぶりをかけてみるのがオススメ。

自分から彼の友達に紹介して! とお願いしたり、イベントデーに一日デートしたいと提案したりしてみましょう。それで彼がすんなりこたえてくれるなら、あなたは本命彼女。

よけいな不安を感じないためにも、彼の真剣度をしっかりと確認しておきましょう。

(愛カツ編集部)