大人の女性には若い女性にはない魅力があります。

テンションが高くて、楽しい時間を過ごせるのが若い女性の特徴だとしたら、大人の女性は落ち着いた交際ができることが魅力の1つ。

そこで、男性がどんな部分に大人の女性としての魅力を感じているのかをご紹介します。

若い女性とは違う魅力で男性を虜にしてみてください。

デート中に「大人の女性は違うな!」と惚れ直した瞬間

失礼な冗談をさらっと流した

「飲み会とかだとお酒が入っていることもあって、女性に下ネタを振った男性がいたんです。でも、『何言ってるんですか。お金取りますよ』ってさらっと受け流したんです。やっぱり大人の女性は違うなって思いましたね」(Wさん・24歳男性/会社員)

無邪気な男性の馬鹿な発言を真に受けて、「最低」とドン引きしてしまうと飲み会の空気が悪くなってしまいます。

そこで、「はいはい」と笑顔で受け流して場の空気も悪くしないスマートな対応に大人の女性としての魅力を感じる男性もいます。

失礼な発言には反発するのではなく、キレイに受け流してみてください。

魚の食べ方がキレイだった

「食事のマナーや作法ができている女性をみると、大人だなって思います。特に焼き魚とかは骨があるから、食べるのが難しいじゃないですか。それをキレイな箸さばきで食べている女性がいて、すごいなと思いました」(Rさん・26歳男性/自動車整備士)

食事のマナーはとても大切。

特に高級レストランに行ったときに、スマートにエスコートされている女性は大人の魅力があるもの。

例えば、会計前にお化粧直しに席を立ってくれるかも大切です。

できる男性であれば、この瞬間にお会計を済ませておきます。

要するに、男性に恥を欠かせないための配慮というわけ。

沈黙の対処の仕方に余裕があった

沈黙の対処の仕方に余裕があった

「会話が途切れた時に、質問攻めで無理に会話を続けるのではなく、その沈黙を楽しむ余裕がある女性がいて、大人だなと思いました。とても魅力的でしたね」(Yさん・29歳男性/会社員)

よくある失敗が、会話が途切れた時に「面白い話をして」と無茶ブリをするケース。

大人の女性であれば、些細なことではペースを乱されない「落ち着き」があるもの。

例えば、沈黙が落ちた時に、「ふふ」っと笑って髪の毛を書き上げるようにして相手を見つめ、「キレイな目をしてるのね」と言うだけで色気を感じさせることができます。

本心を感じ取ってくれた

「大人の女性とデートをしていたときに映画を見たんですけど、正直つまらなかった。でも、それを言うわけにもいかないから『面白かったね』ってお世辞をいったら、『本当はそう思ってないでしょ?』って言われてドキッとしたことがあります。『私はいまいちだったかな』って悪びれる様子もなく言われてこの人すごいなと思いました」(Oさん・27歳男性/会社員)

デートをしているときにお世辞を言ったり、相手に気を使った発言をすることもあるでしょう。

しかし、それを見抜いて、逆に相手に共感してあげることで一気に距離を縮めることができます。

大人の女性のテクの1つ。

その時に、「私は正直な人が好き」と言うだけで、大人の女性の恋愛偏差値の高さをアピールできます。

大人の女性の余裕は色気につながる

若い女性と大人の女性とでは、会話の内容が違ってきます。

大人の女性としての魅力をアピールすることで、知的でミステリアスな女性としての色気を演出することも。

ちょっとした余裕を見せてあげることを意識してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)