この恋、絶対実らせたい!

そう思ったら、あなたはどんな行動に出ますか?

彼の好みの服装をする?彼の好きなものをすかさずチェックする?

確かにそれも大切だけど、本当に知るべきなのは彼にとって自分は「脈アリか」ということです。

今回は、恋のゆくえを握る!と言っても過言ではない、脈アリかどうかをチェックできるポイントについて、男性の言動別に調査してきました。

脈アリ言動5選!男性が好きな女性にする言動とは?

1.彼から連絡先を聞かれたら

まず男性の「脈アリ言動」の代表と言えば、連絡先を聞いてくることではないでしょうか。

あなたを知ろうとするコミュニケーションの入り口であり、どんな人なのか?と興味を持っている状態です。

とはいっても、まだ「好き」の一歩手前、興味がある状態です。

ここから好きになってもらうまではあなたの努力次第と言ってもいいでしょう。

「気になる子に緊張しているのがバレてないかはドキドキしてしまいますね。
それくらい、男も連絡先聞くのって勇気がいる」(20代男性/製薬会社勤務)

といった声も聞こえていますよ。少なくとも連絡先を聞かれたら、あなたに興味をもっているということです。

2.彼が自分の話を「自分から」してくれたら

自分で「俺ってこんな人なんだよ!」と話してくれるのは、あなたに対して警戒をしていないのと同時に、自分のこともっと知ってほしいと感じているからこそ。

同時に、相手のことも会話の流れで知りたいと思っている瞬間でもあるので、コミュニケーションを深めていくことができそうです。

「相手を知るにはまず自分から話します。
その方が相手も心を開いて話してくれる気がするので」(20代男性/介護)

相手を知るには、まず自分から情報を出して、安心感を与えてみましょう。

3.「今日元気なくない?」と、気にかけてくれた

あなたにちょっと元気がないときに、彼からさり気なく「今日元気なくない?」なんて言われたことはありますか?

これはもう脈アリ!だと思ってOKでしょう。

少しの変化をとらえてくれるのは、あなたのことをよく見ているから。

あなたも好きな彼のことを、目で追ったり、今何をしているのか気になったりするものですよね。

それは彼も同じ。

ですので、気づかいの言葉をかけてくれるのは、彼があなたを気にしている証拠だといえます。

「好きな子の表情って見ちゃうよね。友達と楽しく笑ってる姿もそうだし、元気が無さそうな顔をしていたら大丈夫かなって思う」(30代男性/サービス業)

4.服装や髪型をほめてくれたら

あなたは普段、異性をほめることはありますか?

女性同士であれば、髪型可愛いね!とかその服とっても可愛い!なんてほめ合うのは、めずらしい行動ではないですよね。

ですが、これがいざ男性相手となると、相手への誤解につながる可能性もあるので、何だかほめづらいのではないでしょうか。

これは男性も同じで、女性ををほめる行動というのは、少し勇気が必要になります。

なので、彼があなたをほめてくれたなら、それはあなたを「良いと思っている!」と言っているようなもの。

彼が「その服似合ってるね~」と、ほめてくれたり「今日はなんか雰囲気違う!新鮮!」なんて言ってくれたりしたのなら、それは脈アリと考えて良いかも。

「気になる女の子に気づいてもらうためには、まず相手の良いところ見つけてほめまくる!
ほめられて悪い気になる人っていないでしょ?」(20代男性/インストラクター)

こちらの気持ちに気づいて!という意味も込めて女性をほめる男性も多いようなので、ほめられる=脈アリと思っていいでしょう。

5.一緒にいるとき、楽しそうにしてくれる

彼があなたと一緒にいるとき、どんな反応をしているのか……実は反応を見れば、はっきり脈アリかどうかわかっちゃうんです。

あなたと一緒にいるときにとても楽しそうにしているなら、それこそがもう「脈アリ」であることの表れだと考えてもいいでしょう。

また、「一緒にいると楽しいね!」なんて言われているなら「あなたともっと一緒にいたい」と言われているのとほぼ同じです。

関係がステップアップするのも時間の問題かもしれません!

「この時間がずっと続けばいいのになーって思うことがあるんだけど、そんなの恥ずかしくて言えないじゃないですか?
だから、『一緒にいるとあっという間に時間すぎちゃうね……』なんてごまかしちゃう」(20代男性/販売)

「一緒にいると楽しい」と感じるのは、お互いの波長が合っているから。

あともう少しすれば恋人同士になれてしまうくらい、距離が近づいている証拠です。

おわりに

彼との距離が縮まれば、脈アリサインも分かりやすくなってくるはず。

この記事を参考にして、彼の脈アリ行動をチェックしてみると、意外にも当てはまっているものが多数あるかも?

ぜひ、彼との関係を進展させる参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE)

(愛カツ編集部)