とりあえず付き合ってみる、というのも、選択肢のひとつかもしれませんが、せっかく恋人になるなら、「両想い」が理想的ですよね。

ただ、男性には「好意を感じると好きになる」ということも、どうやらあるようです。

もしそれが事実なら、好きバレや告白も、両想いになるための戦術として使えるのかも!

男性の体験談を参考に、男性心理を探ってみましょう。

男性に聞いた!好意を感じて恋するってホント?

告白されたのがきっかけで……

「全然意識していなかった子に告白されてビックリでした!オロオロと戸惑っていると、『返事はまた今度でいいから』と言われ、その後はずっとその子のことばかり考えるようになっていました。

恋愛対象でなかったものの、『もし彼女になったら……』と考えてみると、すごく可愛く見えてきて……。結局、僕のほうから『付き合ってほしい』と告白し返しました」(22歳・男性・大学生)

ふいに告白されて、急に異性として意識するようになったパターン。

もちろん、告白した女性が、彼の心を奪う魅力を持っていたというのも事実。

とはいえ、告白がなければ、彼が意識することもなかったのでしょう。

「恋愛対象だったらどう?」と言ってみるのも、両想いの可能性を広げる一手になるかもしれません。

デートに誘われて気になる存在に

「職場の先輩から食事に誘われたのをきっかけに、何回かデートらしきものをしました。正直最初は、『先輩だから断れない』としか思っていなかったのですが、職場では見たことのない私服姿や、くだけた雰囲気が新鮮で……。

デート中の先輩はすごく積極的で、『私が恋人だったらどう?』と言わんばかりのアプローチ。だんだん脳裏に焼き付くようになり、気が付けば先輩の虜になっていました」(25歳・男性・会社員)

職場仲間としてのお付き合いや、ちょっとした親睦をかねてなど、最初のきっかけは恋愛要素ナシでもOK。

少しずつ好意をチラ見せして、「もし恋愛関係になったら?」を想像させるだけでも、男性の意識も変えやすくなるはず。

結果はどうなるかわかりませんが、可能性があるなら、一歩踏み込んだアプローチでチャンスをつかんでみてはいかがでしょうか?

「好きらしい」と聞かされて……

「直接告白されたわけではなく、女性の友人から、『○○ちゃん、○○くんのことが気になるみたいだよ』と教えられたのが、好きになるきっかけでした。

女の子から好意を持たれていると言われて、急に気になってきたんです。もしかして、今も俺のことを見てる? 考えてる? デートに誘ったら喜んでくれるのかな? ……なんて考えてるうちに、完全に好きになっていました」(23歳・男性・大学院生)

「それって本当?」と思う気持ちと、「もしそうだったら」……という期待。

第三者から聞かされることで、こんな気持ちがぐるぐる心を駆け巡り、気が付けば自分も好きになっていたというパターンですね。

友達にそれとなく伝えてもらう……、というのも、もしかするとバツグンの効果を期待できるかもしれません。

おわりに

好きになってもらえたなら、恋の主導権は格段に握りやすくなるはず。

不安も少なくなりますし、打てる次の一手も、たくさん選ぶことができるでしょう。

自分の状況の許す範囲で、男性に好意を伝えてみるという作戦は、一考の価値アリかもしれませんね!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)