気になる人ができたら、まずは相手に恋人がいるかどうかを確認しておきたいもの。

でも、本人に確認しても、実際は彼女がいるのに「いないよ」という男子がいるのが困りもの。

どうせ、すぐにバレてしまうのがオチなのに、男子はなぜ「彼女いない」なんて嘘をつくのでしょうか?

今回は、そんな風に彼女がいないという男子の本音をご紹介します。

本当はいるのに!彼女いないと言う男子の本音

ついワンチャンを狙って

「そりゃやっぱり、ワンチャン、セフレになれるかもっていうのを狙ってます。男って彼女がいてダメだってわかってても、目の前に魅力的な人が現れると無視はできない生き物なんですよ」(29歳/コンサルティング)

最低と思ってしまうかもしれませんが、たいていの男子が「彼女いない」というのは、こういう理由からなのです。

ただし、一言目につい言ってしまっても、誠実な男子なら「実はいるんだ」と訂正してくれるハズです。

彼女との関係が上手くいっていない

「彼女とあんまり上手くいっていなかったり、別れようかなって考えてたりすると、乗り換え時だと思って嘘をつくことががあります。付き合えそうになったら、彼女とはキッパリ別れるので、二股にはならないですよね?」(30歳/販売)

いやいやいや、これって、浮気や二股に数えられるという女子の方が多いのではないでしょうか。

こんな風に次の女子を見つけてから振られるのって、ショックが大きいですよね。

こんな風に乗り換え先をキープしてから別れようとする男子は、その先もあまり良い未来が待っていないでしょう。

魅力的すぎてうっかり

男性の嘘、その真意は?

「相手が自分のタイプドンピシャだったりすると、頭で思っていることと口から出る言葉がズレることがありますね。“彼女いるって言わなきゃ”って思ってるのに“いないです”って。無意識が働いてるってことなのかな。自分でも不思議です」(25歳/ゲーム)

目の前に魅力的すぎる人がいると、人の言動にはバグが生じるのでしょうか……。

そんなハズはないのですが、ついうっかりということもあるようです。

あなたも超絶イケメンと話していたら、うっかり「彼氏はいない」なんて言ってしまいそうですか?

おわりに

彼女いないという言葉は、完全に騙すつもりではなく出てくることが多いようですね。

ですが、その言葉を鵜呑みにし過ぎるのも危険かもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)