付き合ってからふと、この恋愛はずっと先も続くのかどうか、ちょっと不安になることがありませんか?

とくにお付き合いが始まって2~3ヶ月くらい経つと、そんな思いがよぎることもあるでしょう。

ですが、本物の恋をしているからこそ、心にも生活にもいろいろと変化がでてくるものです。

そこで今回は、本当の恋愛をしているときに現れるサインをご紹介。彼氏と付き合い始めてから当てはまるようになったのなら、不安にならなくても大丈夫ですよ。

まるで運命…「本当の恋」をしているときに現れるサイン3つ

ドキドキよりも安心感の方が強い

本当の恋愛をしているときは、ドキドキワクワクよりは安心感の方が強い傾向にあります。

恋に恋している状態や、盲目的な恋をしている状態なら、刺激的な恋愛ではありますが、安らぎはあまり感じないでしょう。

いまの彼氏と付き合っていて「胸が高鳴る感じよりも、安心感の方が強いな」と感じ、心穏やかに過ごせているなら、あなたにとってその恋は本物。

重要で意味深い恋愛に違いありません。

相手の幸せを優先できる

相手を支配しコントロールしようとする恋は、残念ながら本当の恋愛とはいえないかも……。

自分の思い描くような恋にしたくて相手にたくさん期待をしたり、相手にエゴを押しつけてしまったりという経験のある人も多いかもしれません。

でも、それではお互いを大切にしあって満足する恋愛関係にはなりにくいでしょう。

本当の恋愛は、相手に変に期待せず、相手を優先させてあげられる、思いやりにあふれる恋。

相手の幸せは自分の幸せ、と思える恋こそ本物なのではないでしょうか。

それに、自然と相手を優先させてあげられる恋愛は、そう簡単に壊れず信頼関係も築けるため、長続きするのです。

集中すべきことに集中できている

恋に恋しているときは浮かれていて、集中すべきことに集中できなかったりと、生活全般が恋に振り回されがち。

打ち上げ花火みたいに大爆発して即散る恋ではなく、キャンドルのように安定的に長く燃える恋の場合は、生活を恋に振り回されず冷静でいられるはずです。

集中すべきことには集中でき、他のことにも意欲的になれるなど、恋する自分自身にいい影響があります。

大恋愛のような急な展開はなくても、じっくり進む恋は充実したものになるでしょう。不安にならなくても大丈夫ですよ。

付き合ってから自分がいい方へ変わっている恋は本物

お付き合いがスタートしても浮かれすぎず、現実的な思考ができているなら、本当の恋をしている証拠かもしれません。

本物の恋愛をしているときは、ドキドキよりも安心感が強いうえ、仕事に意欲的になれたり、新しいことにチャレンジできたりと人生に前向きになれます。

彼と付き合ってから自分がいい方へ変わった! というのなら、その恋こそ本物に違いありません。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)