飲み会やアプリで知り合った人と一対一で食事をしても、毎回緊張してうまく話せない。

結果盛り上りに欠けてしまい、2回目のデートに誘われない……。そんなデートが多いと、好きな人ができてもふたりで会うのが怖くなってしまいますよね。

やっぱり会話が楽しいと感じないと、以後ふたりで会うのはなかなか難しいもの。

でも、そんなに頑張らなくても会話が盛り上がる方法はあります。いったいどうすればいいのでしょうか?

ポイントは3つだけ!男性のテンションを上げる会話のコツ

笑顔になるとお互いリラックスできる

緊張しちゃうと自ずと表情も硬くなりますよね……。

でも、硬い表情では相手にも緊張がうつるし、「俺との会話、つまらないのかな?」と勘違いされてしまうことも。

もし緊張しても、意識して笑顔を心がけましょう。

人は相手が笑顔だと、つられて自分も笑顔になります。笑顔になればリラックスして話しやすくなるうえ、場も和むはず。

何を話すかあれこれ話題を考えるのではなく、まずは笑顔で場を和ませましょう。

聞き上手・質問上手になる

「恥ずかしくてうまく話せない……。」というのなら、無理に自分から話さなくても大丈夫!

会話って、聞き上手・質問上手になるだけで成立するものなんです。

とはいえ、ただ彼の話にうなずくだけではダメ。顔しっかりと表情を変化させて、リアクションをとりましょう。そうすることで、感情が彼に伝わり、彼も話しやすくなります。

たとえば悲しい話、辛い話の時などは沈痛な面持ちで。逆に楽しい話、自慢話なら明るい表情で聞くだけでも、会話に深みが出るはずです。

また、たとえば彼の趣味が旅行なら、単に「素敵な趣味ですね」と感心するだけでなく、「今まで行った国で一番思い出に残っている国はどこですか?」と掘り下げて聞いてみましょう。

たった一言添えるだけでも、彼からしたら楽しい会話になるんです。

聞き上手の質問上手になれば、“話していて楽しい人”と思ってもらえるはず。

わかりやすく褒める

仲が深まる会話術は?

褒められて嫌な気分になる人なんて、まずいません。

褒められたら「いやいや、そんなことないよ」と謙遜しつつも、心の中ではヒャッホーなんです。

なので、彼が過去の経験や功績などを話しているときは、できるだけ「すごいですね!」「多少のトラブルじゃ動じなさそう!かっこいい!」とか、“ひとりの男としてかっこいい!”ということを伝えてください。

それだけでもあなたの株は爆上がりするはずです。

話していて気分がいい相手にはやっぱりまた会いたくなるし、自分を認めてくれる人を好きになりやすい傾向もあるようです。

恋愛温度を上げたいのなら、“褒める”は外せません。

上手に話そうとしなくても大丈夫!

緊張してうまく話せない、恥ずかしくて言葉が出てこないというのなら、聞くほうに徹して、話すのは少しでも大丈夫。

男性にとって“また会いたい人”になれる女性は、基本的に彼に好きなことを気分良く話させているタイプです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)