「彼女にするなら可愛い子がいい」と言う男性も、可愛くても、「いっしょにいる時間が気づまりな女子」は恋愛対象には考えにくいと言います。

男性の言う「いっしょにいて楽しい」は「二人の距離が縮んだ実感を与えてくれる子」な意味であることも。

「好かれてるかも」「仲良くなれたかも」男性に、そう思わせる女子の振る舞いとは?

男性が「この子と仲良くなれたかも?」と思うリアクション美人とは

よく笑う

「女子の笑った顔って可愛いし、いっしょにいる自分もテンションが上がる」(29歳・男性)

「よく笑ってくれる子って踏み込んでいきやすいというか、受け入れてくれる感じあるよね?いい意味でスキがある」(23歳・男性)

一緒にいて楽しい女子の基本「よく笑うこと」。

いっしょにいて楽しい女子になるには「話が上手くないといけないのでは」「彼を笑わせないとダメなのでは」と思っていませんか?

でも、男性は「自分が笑わせてもらうこと」より、「女子が笑うこと」で、心が満たされます。

「面白くしよう」ではなく「この場を楽しもう」という姿勢が、二人の時間を楽しくします。

表情豊か

「何でも顔に出ちゃう子って、結構好き。そりゃ怒ったりムッとされたらビビるけど、基本的にはいろんな顔をみることで距離が縮んだと感じるし、ずっといっしょにいたような気分になれる」(25歳・男性)

「くるくる変わる女子の表情に見惚れて『どうしたの?」と聞き返された」男性からよく聞くエピソードです。

笑顔に魅力があるのは当然ですが、それ以外も見せることで「今日はこの子のことがよく分かった気がする」と思わせることができます。

「機嫌の良い日と悪い日がある子」に見えないよう、1日のデートで喜怒哀楽の全てを見せるのがポイントです。

自分の考えを話してくれる

「僕の話に『そうなんだ!』『すごいね!』だけじゃなくて、自分の考えを話してくれる子が好き。そのほうが仲良くなれるし刺激がある」(28歳・男性)

本命の彼女候補に、いわゆる「合コンさしすせそ」のような、男性を気分良くするだけのトーク術は求めない男性が多いです。

上っ面のトークは男性も気づくのですね。

「絶対」とか「そんなのありえない」のような強い言葉を避ければ、かなりはっきり自分の考えを話しても大丈夫。

ポジティブ

「デートコースを『会ってから決めよう』って言ったときに『何も考えてないの?』という子より、『その場で決めるの楽しい』みたいにポジティブに受け取ってくれる子って、こっちも楽しいし、結果、もっと楽しませてあげたくなる」(26歳・男性)

「道を間違える」「行こうと思ったお店が混んでる」など、デートにはハプニングがつきもの。

そんなときも「まあいっか!」「こっちも楽しいね」とポジティブな姿勢を見せる女子は、男性をほっとさせます。

この子を喜ばせたい!という気持ちにも火がつくそう。

「こんなに段取りが悪いなんて、彼は私とのデートなんてどうでもいいんだ」的な被害妄想は捨ててしまいましょう。

「素」の自然な態度が二人の距離を近づける

距離が縮んだと思わせるには、心を開いたリアクションが大事。

思わずこぼれる笑顔、素直な言葉など、あなたの素を見せましょう。

結果的に「こういう子が好き!」と素のあなたを好きになってくれる人が周囲に残るはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)