告白前の意中の彼とデート!あからさまに好意を伝えると引いてしまわれそうだし、なにも伝えないと発展しなさそう……。

そんなときはデート中にさりげなく「プチ好意」を伝えてみてください。

1つ1つの方法は簡単で攻撃力は高くありませんが、合わせて何度か使うことで効果抜群になりますよ。

では、具体的に男性はどんな「プチ好意」に惹かれているのでしょうか?

好意を小出しに!デート中、男性が惹かれる「プチ好意」とは

笑顔

もっとも簡単に好意を伝えられる方法ですが、意外とおろそかになりがちです。とくに彼とのデートで緊張していると、表情も強張ってしまいやすいので要注意。

彼と向き合っているとき、目が合ったときなどには、できるだけ笑顔になれるよう心がけて。

無理をする必要はありません。彼と会えてうれしいなという気持ちをそのまま表情に反映させるだけ。

やはり自分と会って笑っていてくれる子はかわいいものですよ。

ほめる

彼の持っているものや、普段の行動など、ちょっとしたことを褒めてみてください。

ただし「ここはすごくいいと思うよ」のように「良い」「悪い」と評価しないように気をつけて。上から目線に聞こえてしまうことも。

彼の行動をどうこう言うと評価的になりやすいので、「〇〇してくれてうれしかった」と自分の気持ちを交えて伝えられるといいですね。

「送ってくれたLINEスタンプ面白くて買っちゃったよー」「ここのお店よく来るの?  センスいいねー」と彼が「選んだもの」を褒めるのもオススメです。

次に会う話をする

「次はいつ会う?」という直接的な質問はNG。重い印象を与えてしまうかも。

たとえばカフェなどで「来月のフェア」などのイベントチラシを見つけたら、「今度来たらこれ食べたいね」など次に会うことをにおわせてみて。

お互いの好きなものの話題で盛り上がったのなら「今度一緒に行こうよ」「一緒にできたら楽しそう」と、「あなたとこれからも一緒にいたい」というメッセージを伝えるのも有効です。

そこから次のデートの約束にもつながれば大成功ですね。

スキンシップをとる

手をつなぐまでいかなくても、近くによったり彼にさりげなく触れてみたりしてください。これは「あなたなら触れてもいいよ」というメッセージになります。

意外と大切なのが、偶然手が触れ合ったときにさっと避けないこと。緊張するとバッと避けてしまいがちですが、男性は「イヤだったかな」と気にしてしまうかも。

もしやってしまったときも「ごめん、ドキっとしちゃった」など伝えてフォローを忘れずに。

彼とのスキンシップを「いやがっていない」と伝えてくださいね。

おわりに

一度のデートですべてを盛り込もうとしなくても大丈夫です。意識しすぎてデートを楽しめないと元も子もありません。

自分ができそうなことから少しずつ取り入れて、彼とのデートを楽しんでくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)