今までアプローチをしてくれていた男性が、急に距離を置くようになったら気になるはずです。

そういったときに、実際に男性はどういう心理状態にあるものなのでしょうか?

そこで今回は、突然「アプローチ」をやめる男性の心理を紹介します。

どういうこと?突然「アプローチ」をやめる男性の心理

「無理だ」と悟った

「もうこれ以上アプローチをしても無理だなって感じたら、諦めるしかない。ズルズルしたくないので、何回か断られたら気持ちを切り替えます」(30歳/男性/医療関係)

何度かアプローチをしたけれど、いい反応が得られなかったり、他の男性と仲良さそうにしているのを見たりしたら、「俺には無理ってことだな」と悟るはず。

しかも、思いを寄せている期間が長くなれば、心理的に疲れも出てくるもの。

それらが重なり、一気に心が折れるのでしょう。

気がないわけではないのなら、わかりやすく反応を示してあげないと、男性は自分の中で諦めの決心をしてしまいますよ。

「駆け引き」をしている

「押してダメなら引いてみろの精神で、あえてちょっと距離を置いたりすることもある。それでうまくいったこともあるので、意外と使う手かもしれません」(26歳/男性/マスコミ)

男性が急にアプローチをしてこなくなったときは、あえて引いてみる駆け引きをしている可能性もあります。

突然引くことであなたの心を揺さぶり、自分のことを意識させようという狙いなのかも。

距離を置いてはいるものの、ちょこちょこ気にかけて話しかけてくるような場合は、我慢できずにあなたに近づいてしまっているのでしょう。

気持ちが「冷めた」

心変わり?男性の本音は?

「好きな人が裏で人の悪口を言っているのを知って、気持ちが一気に冷めました。もうあまり関わりたくないとまで思ってます」(29歳/男性/アパレル)

好きな女性に対してであっても、ふとしたときに気持ちが冷めることはあるもの。

嫌な面を見たり、自分には合わないと感じたりしたら、「この子じゃない」と感じるのかもしれません。

特に、自分のことしか考えていない、他人への思いやりがない、束縛が激しそうとなどは、男性が冷めるきっかけになりやすいポイントです。

「他の女性」を好きになった

「他にも気になる女性ができたら、その女性に積極的にアプローチをするようになっていくかも。完全に心移りをしていく瞬間ですよね」(31歳/男性/出版)

好きな女性がいても、その女性との関係性がうまく進展していかないときには、他の女性に目がいくこともあるでしょう。

そして、その女性のほうが気になり始めたら、アプローチをする相手を変えるはず。

いつまでもうまくいかない恋よりも、うまくいきそうな恋のほうがドキドキ感は大きいので、自然と心だって奪われるものです。

おわりに

アプローチをしてこなくなったら、やはり気持ちが薄れてきている可能性は高いです。

もしもあなたもその男性のことが気になっているのなら、何かしらの反応は示したあげたほうがいいかもしれません。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)