初デートでは、自分が本命なのか、それとも遊ばれているのかをジャッジする人は多いでしょう。

彼の本気度が知りたかったら、まずは細かな気遣いに注目してみて。

脈アリ度はもちろん、彼がどんな性格なのかも見えてきますよ。

今回は「初デートで男性が本命女子に見せる言動」についてご紹介します。

これって脈あるの?初デートのとき男性が本命女子に見せる言動

女子を待たせない

待ち合わせの段階から、本命女子への態度は異なります。

「好きな子を外で待たせるなんて言語道断!」なんて思っているのだとか。そのため本命相手だと、必然的に早めの行動になるみたい。

たとえば、本命女子が待ち合わせ場所がわからず、道に迷っていたとすると「じゃあいまからそこに行くから、どこか店でも入って待ってて!」と、彼が本命女子を迎えに行きます。

一方どうでもいい子相手だと遅刻してきた上に、「俺、○○にいるから来てくんない?」と動く気ゼロなことも。

本命でない場合は、あなたに何と思われても構わないからこそ平気で上から目線になってしまうのですね。

どんな会話内容でもバカにしない

恋する男子の多くにとって、「本命女子とのデート」ほどしいものはありません。

だから基本スマホはいじらず、カバンの中にしまっておきます。

会話も自分中心にならず、適度に本命女子に振るでしょう。

もし彼女が答えにくそうな質問をしてしまった場合、下手に追求せず、サラッと流すはずです。

本命女子の話は絶対にバカにしないし、「少しでも力になれたら!」と言葉を選んで接してくれるものです。

初デートでは奢りor多めに支払う

初デートで本命相手となれば、やはりカッコつけたいもの。そのため奢りたい男性が多いみたい。

ある女性は、交際前の男性とデートをしたとき、会計時にお財布を出したところ「今日は楽しかったから奢らせて!」と言われたそう。

こちらが奢ってもらって申し訳なさを感じないように、男性が気を使っていることが伝わります。

もちろん奢り=本命女子とも限りません。

お金がある人は奢るのも苦じゃないでしょうし、逆に本命相手でも割り勘というケースは大いにあるでしょう。

問題なのは自分のほうが多く食べているのに割り勘だったり、「財布忘れた!」と女性に払わせるケース。

こういう男性はどんなに好きでも、2回目のデートはやめたほうがいいかも……。

おわりに

本命女子のためなら、多少の気遣いも苦にならないもの。

むしろ「彼女が喜んでくれて、さらに俺を好きになってくれたらうれしい」との思いで行動します。

逆にもしあなたをバカにしたり、利用する素振りが見られたら、本命と思われていない可能性は高いでしょう。

そうした男性とは少し距離を置くなど、別の方法を取るべきかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)