彼を思っての一言が、逆に「おばさんみたいだな」と思われてしまうことも。

お姉さんならまだしも、おばさんの印象がついてしまうと恋愛に発展する可能性は低くなりがちです。

自らの恋愛を狭めないよう、発言には十分注意したいところ。

ではどんな一言が、男性からは「おばさんくさい」と不評なのでしょうか。

男性が「おばさんくさい」と感じるNG言動

やたらアドバイスしたがる

「2つ上の先輩が、やたら仕事やプライベートについてアドバイスしてくる。でも俺からすると求めていない言葉ばかりで、正直何のためにもならない。機嫌を損ねないように相槌をうってヨイショしなきゃいけないのが面倒!」(24歳/広告)

よかれと思ってのアドバイスが、後輩からすると「ただのお説教」と受け取られてしまう場合があります。

先輩のアドバイスは邪険にできないため、指摘するわけにもいかないようです。

話を聞いている風を装いつつ、内心「うるさいおばさんだな」と思っているかも……。

アドバイスの頻度や声のかけ方を工夫すると好印象に変わるかも。

他人のウワサ話が大好き

「誰と誰が付き合っている、もしくは破局したとか、とにかくウワサ話大好きな女子! 将来はワイドショー好きなおばさんになるんだろうな……」(22歳/大学生)

周囲のウワサ話はもちろん、芸能人の熱愛や不倫ネタばかり喋っていると下世話な印象になりがち。

「人の不幸は蜜の味」ではありませんが、性格が悪そうに見えてしまうかも……。

魅力的な人ほど他人の悪口やウワサ話は控えているようです。おばさんくささを封印して好印象を狙うなら気をつけたいところですね。

「○○さんもこの歳になったらわかるよ」

「2日酔いがツラいと言うので、大丈夫ですか?と聞いたら、『私も○○君くらいの歳のときは、お酒もすぐ抜けた』『○○君もこの歳になったらツラさがわかるよ』と言われた。なんか上から目線で、子ども扱いされたことにモヤモヤ」(25歳/営業)

年齢を引き合いに出すと、一気におばさん感が増してしまいます。

嫌味で言っているわけではなくても「若いと苦労しなくていいよね~」といったニュアンスから、相手はバカにされていると感じてしまう場合があるようです。

自ら年齢のことを強調しないほうが、会話に角が立たないスマートなやり方と言えるでしょう。

健康志向すぎて、特定の食べ物をディスる

「アイスやジュースは糖分の摂りすぎでダメだとか、ジャンクフードは体に悪いとか、やたら俺の食べるものに口出しする。言いたいことはわかるけれど、好きなものを食べたい。放っておいてほしい」(27歳/メーカー勤務)

健康を考えて食事を選んでいる女子もいるでしょう。でも、考え方を他人に押しつけるのはよくないですよね。

相手がよっぽどの不摂生をしているなら話は別ですが、そうでないなら何を選ぼうとその人の自由です。

しつこく言うと「おせっかいなおばさん」との印象を持たれてしまう可能性がありますから、あまり指摘しないよう意識したほうがよさそう。

おわりに

親切心から言った場合でも、口うるさく思われるなどかえって裏目に出ることがあります。

ムリに若作りする必要はありませんが、おばさん感を漂わせる発言には要注意。

自虐やお説教に聞こえそうな発言はしまっておいて、あくまで対等な立場を築きたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)