頑張ってアプローチしたのに彼が素っ気ない。

前よりも距離ができたように感じる。

そう思うなら間違ったアプローチをしているのかもしれません。

「気づかないうちに好きな人を遠ざけてしまうとき、どんな行動をとりがちなのか」、特徴を詳しく見ていきます。

的外れのアプローチをしているかも

間違ったアプローチは、良い印象を与えようと思って取る行動が裏目に出ていることがほとんど。

自分は良かれと思って言ったのに、相手からすれば嫌味や自慢に聞こえているかもしれません。

しかも、間違いに気づいていないので同じ失敗を繰り返してしまい、好きな人との間にどんどん距離ができる……という悪循環にもなり得ます。

「自分はアプローチがうまくない」と思っている人や、「何を言えばいいかわからない」という人は、一度相手目線で考えてみると、じつは的外れなことをしていたと気づくきっかけになるかもしれません。

ほめ方が下手

アプローチがうまくいかない人は、ほめようとして失敗していることが多いです。

たとえば、こちらの2点。

「上から目線でほめている」、「嫌味が入ったほめになっている」など……

悪気はないのでしょうが、言われた男性は「バカにされている」と感じてしまいます。

好きにさせるどころか、みずからイメージダウンしているかもしれません。

「さすが」「上手ですね」は上から目線に聞こえますし、「先輩に比べると面白い」「ほかの人が反対しても私は良いと思う」といった発言を嫌味に感じる人もいるかもしれません。

お世辞やご機嫌取りで褒めても相手に好意は伝わりません。

言葉の選び方に気をつけて、他人との比較や余計な付け足しはしないほうが無難だと思います。

良いほめ方とは?

良いほめ方とは?

ほめ言葉を言うより、驚きと感謝の言葉を伝えた方がアプローチとしては効果があります。

たとえば、好きな人の長所に「すごい!」と驚いたり、彼のちょっとした言動に「一言添えていただいて助かりました」「ありがとう」と感謝の言葉を述べたりするのがオススメです。

とはいえ、「すごい」、「いいな」、「わあ!」と感嘆符だけが連続すれば、それはそれで彼も聞いていて疲れてしまうので、使う頻度はよく考えたほうが良さそうです。

彼と同じ職場で働くなら、ささいな親切にもお礼を言うといいでしょう。

重くなりすぎず、軽くあしらうわけでもない、自分と相手の温度感に合った「ありがとう」が言えると好感度がアップします。

謙遜が謙遜になっていない

アプローチがうまくできない女性は、こんな発言をしているかもしれません。

たとえば……「私なんて、かわいくないから」、「私は全然痩せてないし」、「すごいですね。私にはできないけれど」

しかも、実際にはなかなか顔立ちが整っていたり、それほど太っていなかったりすれば、言われた側は返答に困ってしまうでしょう。

本人は謙遜のつもりかもしれませんが、このコミュニケーションは相手に気を遣わせる上に一方的に聞こえてしまいます。

男性は「そんなことないよ」と言うしかないかもしれません。

フォローのリアクションを暗に求めることになるので、好感を与えるとは言い難いかと思います。

フォローを必要とする発言を面倒くさく感じる男性は多いはずです。

こうした謙遜をするくらいなら、堂々と「顔には自信がある」、「頑張ってスリム体型を維持している」と自慢した方がいいかもしれませんよ。

ちなみに余談ですが、自分を落とすことで謙遜するやり方は、同性とのコミュニケーションではかなりの地雷発言。

嫌味な人と思われかねないのでやめておいたほうがいいかと思います。

彼の気持ちを想像する

アプローチがうまくできない人は相手の気持ちをくめていないことが多いです。

また、自分の言動が好きな人を戸惑わせたり、不快感を与えたりしているとは思ってもいないのかもしれません。

大切なのは「自分が何を言うか?」ではなく、「彼はどういう発言を喜んでくれるだろう?」という相手目線で考えることです。

そのためには、彼をとことん観察して分析する必要があります。

「性格や好み」、「身近な人とのコミュニケーションの仕方」を知って、そこにハマるアプローチをしていくのが効果的でしょう。

アプローチは彼の気持ちを想像することが何より大事かと思います。

それができれば、今まで以上に好きな人との距離を詰めやすくなりますよ。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)