以前は、かわいく振舞っていれば男性に好評だったのに、最近は微妙な顔をされることも……。

そんなふうに、モテ仕草と紙一重だけど、「無邪気でかわいい」とはまた違う、「男性から見て子どもっぽい言動」があるんです。

大人の男性には苦笑いされ、年下男子には幻滅される、そんなNG態度とはどんなものなのでしょうか。

本命にはちょっと…アラサーなら慎みたい「子どもな態度」

キャピキャピしすぎている

「男の前でだけ、女同士で「かわいい~」って褒めあう子とか、自分たちのことを話すとき『女子的には~』っていう人、苦手です。

作った感満載のアニメ声で話してくる子みたいな、ウソっぽい天真爛漫さが苦手ですね。
妙にキャピキャピしてるというか……。
この年になれば演技してる女ってだいたいわかるしね」(32歳・男性)

幼いこととかわいさを混同している女子には、知性を感じないという男性が多いです。

必要以上にはしゃいだノリや、「若い女子であること」にこだわる態度には、若さやかわいさではなく「イタさ」を感じるという声も……。

にじみ出る素のかわいさではなく、「かわいく見られたい!」という必死さが、男性の幻滅を呼ぶようです。

わからない・できないふり

「先輩女子に仕事のことを質問して、甘えた口調で『えっわかんなーい』『できなーい』って言われるとびっくりしますね……。

仕事なのに空気を読めない感じも、後輩に知らないアピールする強引さも、どっちも微妙です」(27歳・男性)

男性は教えたがり。

それを信じていつでも「知らなーい!もっと教えて♡」なんて言ってませんか?

中高生ならいざ知らず、大人になると、優越感をくすぐる女子より「ちゃんと意見交換ができて刺激がある人」が尊敬できるし、本命視できるという男性が多いです。

また、社会人ともなれば男性もお疲れ気味。

「教えてあげる優越感より、自分だけが話を盛り上げる辛さのほうがデカい」と感じます。

若手女子と並んで「知らなーい♡」と言ってしまうことがあるなら……客観的に見ておきたいものでしょう。

すぐけなす・攻撃的

「毒舌気取りの子、攻撃的な子って、いくらかわいい顔をしていても余裕がなくて嫌ですね。
僕は体を鍛えているんですが、『夏までに少し絞って、細マッチョ目指すぞ』って言ったら、彼女が『鍛えすぎてゴツいよ。もう細マッチョじゃないじゃん』って。

わざわざ嫌な言い方する意味あります?
普通に頑張ってねって言うのはダメなんですか?」(29歳・男性)

攻撃的な性格と子どもっぽさは一見そこまで関係ないように見えますが、女子のツッコミが男性の心を傷つけていることがあります。

余裕がないから、「言葉を選べない」「失礼なことを言ってかまってもらうしか、コミュニケーションを知らない」と、男性は感じるよう。

きつい口調が「思いやりのない子」に見えるのも、不評な理由です。

いつまでも親頼み

いつまでも親頼み

「いつもお弁当持参の同僚の女子が、ランチに誘ってきたので『珍しいじゃん』と聞いたら『今日はお母さんがお弁当を作れなくって、1000円くれたの♡』って。

お昼代までもらってるの?と驚いたら『だって私、家にお金入れてるもん!!』だって……。
月3万しか家に入れないなら、僕はそれはできないな」(30歳・男性)

一人暮らしで、自分でお弁当を作る男性も多い中、ほとんどお金を入れずに実家に住み、お母さんの作ったお弁当を食べ、作れない日はお金をもらう……。

そんな女子は「子どもっぽい」と思われてしまうことも。

内心自分でも甘えすぎと思っていることを指摘されたからといって、逆ギレするのもNGですよ。

「若いころと同じ」では、変な男が寄ってくる

未熟さ、敷居の低さをアピールすると、年齢を重ねるとイタくなります。

また、自分を低く見せたときに引っかかる男性は、年齢に応じた経験が少なく、いい年をして女にムダな夢を見るのをやめられない人でしょう。

年齢に応じた自分の見せ方に、敏感になる必要がありそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)