一度友達になってしまうと、恋人になるのは難しいのでは? と感じる方も多いかもしれません。

でも、きっかけさえあれば、友達から恋人になる可能性は十分あるはず。

そこで今回は、実際に、ずっと友達だった女性を、異性として意識したことがある男性にそのきっかけを尋ねてみました。

ただの友人から恋人へと発展させたい方におすすめですよ。

女友達から本命へ!僕が彼女を選んだエピソード3つ

一緒にいて楽しい

「アラサーだというのに出会いもなく、だんだん結婚に焦り始めていたときでした。ふと、結婚生活でどんな子が隣にいてくれたら楽しいだろう……、と考えていると、女友達のひとりが浮かびました。

思い切ってデートに誘ってみたのですが、とても楽しい1日を過ごせたんです。初めて『彼女だったら』という目線で見てみたのですが、意外としっくりきていることに気づきました。一度そう思ったら、異性としてしか考えられませんね」(30歳・男性・アパレルメーカー勤務)

意外と、今までただの友達だったのは、お互い「異性」としてみていなかっただけなのかもしれません。

ちょっとしたきっかけを作って、魅力的な異性として見てもらえれば、恋人候補のトップも狙えるでしょう。

気づけばいつも支えてくれていた

「3年間付き合っていた彼女と別れ、なにもやる気が起きないときでした。そんな自分を元気づけようとしてか、女友達が、『この映画、おすすめだから絶対見て!』と半ば強引に押しつけてきたんです。

見てみると、どれもいい映画ばかりで、少しずつ元気も出てきました。映画の内容を彼女と語り合ったり、一緒にご飯に行ったりするうちに、『そういえばいつも支えてくれてるな』と感じたんです。今では、仲のいいカップルになっています」(29歳・男性・施設職員)

相手が失恋したスキにチャンスを狙う……というわけではありませんが、恋愛感情抜きにして、友達として優しく支えていくうちに、恋に発展するケースもあります。

今すぐ恋人に! と焦らず、まずは友達として親身になって話を聞いてあげるとよいでしょう。

長所を言ってくれる

「とにかく彼女がほしくて、アプリやら合コンやらと参加していましたが、結果はイマイチでした。自分には男としての魅力がないのかな……、と自信を失くして、つい女友達に愚痴ってしまいました。

すると、びっくりするくらい、僕の性格でいいところをたくさん教えてくれたんです。自分のことを、こんなにしっかり見てくれている女性が近くにいたなんて、思いもしませんでした。それから数か月もたたないうちに告白し、今では幸せな恋人生活を送っています」(27歳・男性・飲食店勤務)

“出会い”といえば、つい新しい人との出会いをイメージしがちですよね。

でも、実は身近なところに恋の可能性ってあるのかもしれません。

「こんないいところがある」と思い当たる男性がいるなら、機会をみて、それを伝えてみるのはいかがでしょうか?

おわりに

どんな女性でも、男性にとって魅力的な要素をもっているもの。

「友達」というフィルターが外すことができれば、恋人にしたい女性、No.1になるでしょう。

もしかすると、思いもしなかった人が、一番素敵な恋人になってくれるかもしれませんよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)