相手を傷つけたくないとき、「社交辞令」でやり過ごそうとする人は多くいます。

でも、ここで見抜けないと相手の言葉を真に受けてしまうことも……。

そこで今回は、男性が興味のない女性に送りがちな社交辞令LINEをまとめました。

脈ナシです…男性が興味のない女性に送る社交辞令LINE

「また今度ね」

「また今度ね」というフレーズは、よく使う言葉ではありますが、食事やデートのお誘いに対して「また今度ね」と返してくる男性は、残念ながら脈なしの可能性があります。

あまり興味がない女性だから、話が具体的になる前に受け流そうとしているのかも……。

反対に、あなたが「また今度」という言葉を多用すると、男性に脈なしと思わせてしまう可能性もあります。

好きな男性に対しては、無意識のうちに多用しないように注意してくださいね。

「忙しいから難しいかな」

忙しさを言い訳にお誘いやお願いを断るのも、残念ながら脈なしの社交辞令LINEと言えるでしょう。

相手の女性のことが気になっているなら、忙しくてもお誘いに応えようとするはずです。

ただし、「いま忙しい時期だから〇日はどう?」など、具体的な代案を出してくる場合は、本当に忙しいだけの可能性大。脈なしだと悲観する必要はありません。

質問のないLINE

脈ナシLINEにありがちなことは?

こちらの言ったことに対して相槌を打ってくれるけれど質問がない、話題を広げようとしないという場合は、LINEのやりとりを長引かせたくない可能性があります。

とはいえ、LINEが苦手、あるいは気になる女性に対してもLINEは必要最低限のクールな対応という男性も。

LINEが短いだけでは脈なしと決めつけられません。

返信の早さや会ったときの態度なども踏まえて、脈アリか脈なしか判断することをおすすめします。

スタンプしか送ってこない

いつも反応がスタンプのみというLINEも脈なしの社交辞令LINEかもしれません。

スタンプの内容に関わらず、興味がない女性だから文字を入力するのが面倒くさい、会話を必要以上に広げたくないという本心が隠れている場合も……。

筆者自身、面倒だなと思った相手には、とりあえず無難にスタンプだけを送ってやり過ごそうとしてしまいます。

脈なしとまではいかなくても、「どう返信していいのかわからない」という気持ちから、スタンプのみで対応しているのかもしれません。

相手が困るLINEをしていないか、振り返ることも忘れないでくださいね。

おわりに

好きな男性から社交辞令LINEが送られてくることはとても悲しいことですが、アプローチの方法次第ではあなたの印象を変えられるはず。

彼の気持ちに合ったアプローチをするためにも、社交辞令かどうか気づくことが大切です。

脈なしの相手に深入りしないのも1つですし、男性の本音が隠れているLINEを見過ごさないよう意識してみてくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)