顔がかわいい子を見て「かわいい」と思うのは当然ですよね。筆者だってそう思います。

でも会うたびに「かわいい」と思うような女性となると、顔のかわいさだけでは限界があるそうです。

筆者の周りにいる男性に調査してみると、会うたびに「かわいいな」と思う子とは、また会いたくなるんだとか。

では、会うたびに「かわいい」と思う女性とはどんな女性なのでしょうか?

男性が会うたびに「かわいいな」と思う女性とは?

よく笑う子

「ニコニコしてる子といるとこっちも楽しい」(38歳/銀行員)

「目が合ったときにニコっとしてくれるとたまらない。受付にいつも笑顔の子がいると、そこに営業行くのが楽しみです」(32歳/営業)

「彼女はデートしてるときにいつも笑ってる。俺と会ってるのがそんなに嬉しいのかなって思ってしまう」(35歳/相談員)

なんだかんだで「笑顔」がダントツでした。やはり「愛嬌」に勝るものはないようです。

「笑顔」はもっとも簡単に人に好意を伝える方法ですが、それ以上に場をなごませ、癒しの空気を演出することができると考えて良いでしょう。

趣味に興味をもってくれる

「紹介した漫画を『読みました! おもしろかったです』って言ってくれると、次も楽しませてあげたいと思う」(34歳/IT関係)

「同業じゃないけれど、俺の仕事の話を『すごいね!』ってキラキラした目で聞いてくれると、また話したいと思う」(36歳/研究者)

自分にとっては大切なことなのに、「それのどこがいいの?」「どうでもいい」という態度で聞かれると、もう話したくなくなりますよね。

相手の好きなものを大事にするということは、相手の価値観や考え方を受け入れるということです。

そうしてくれる相手を「かわいい」「大切にしたい」と思わないわけがないですよね。

反応がいい子

「驚いてくれたり、笑ったりと反応がいい子はかわいい」(36歳/デザイナー)

「ずっとローテンションな子は一緒にいて疲れる」(34歳/医療従事者)

こういう結果を見ると、テンションが高い子じゃないとだめなのかと思うのですが、こんなご意見も。

「彼女はうれしいことがあると顔が赤くなる。自分の行動をどう感じているのかがわかると安心します」(32歳/編集者)

自分がなにかをしたのに、反応がないということは「無視」と同じです。

男性の多くは察するのが苦手なので、なにかしらの反応が返ってくるとうれしくなるよう。

反応が顔や行動に出にくい人は、言葉でどう思っているか伝えたり、「黙ってるときは照れてるの」などのサインを教えてあげたりするといいかもしれませんね。

おわりに

顔のかわいさだけでなく、男性は表情、仕草、行動など「やりとり」の中にちゃんと「かわいさ」を見つけているようです。

あなたといて「たのしい」「うれしい」という気持ちを伝えてみてください。それが「かわいい」につながりますよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)