彼の本命になるためには、まず恋愛対象になっている必要があります。

男性は恋愛対象とそうでない相手とで、対応を変えているのでしょうか。

そこで今回は男性にズバリ「恋愛対象の人にしかしないことはなんですか?」について聞いてみました。

これから紹介するような行動が彼に見られたら、彼の恋愛対象圏内のよう。本命に昇格する日も遠くないかも!

本命を期待してOK!男性が恋愛対象にしかしないこと

ガン見する

「かわいい子、彼女にしたい子は本人にバレないように見てしまう」(35歳/事務員)

「話していてもつい顔や仕草を見てしまう。逆にどうでもいい人だと、資料や服の柄ばかり見ているかも」(32歳/営業)

意外と多かったのが「ガン見してしまう」という意見。

ただし男性は「バレないように」見ていることも多いので、見られる側は気づきにくいかもしれません。

これに関しては自分ではわかりませんので、彼があなたのことを見ているかどうか、こっそり周りの人に聞いてみるといいかもしれません。

休日の予定を詳しく聞く

「恋愛対象の子には、誘うつもりはなくても『どこのお店行くの』『何食べたの?』と結構詳しく聞いてしまう」(33歳/エンジニア)

「休日の予定を聞きますね。あわよくば誘いたいので(笑)」(34歳/銀行員)

話の流れでなんとなく「休日なにしてるんですか?」となることはあると思います。

しかし、やたらと詳細に聞いてくる場合は、デートプランを想定して探りを入れているのかもしれませんよ。

相談に乗ろうとする

「好きじゃない子でも相談に乗るけど、恋愛対象の子にはこっちから『どうしたの?』と聞きに行きます」(33歳/事務職)

「相談には積極的に乗ります。たよりになると思われたいので(笑)」(31歳/製造業)

ただ「相談されて話を聞く」のではなく、彼のほうから積極的に相談に乗ろうとしてくれるというのがポイントです。

頼りにされたい、助けてあげたいという気持ちもあるみたいですが、そこからなにかが発展することを期待するよう。

感謝されるようなことをする

「ちょっとしたことを助けて『ありがとう』って言われたい」(31歳/公務員)

「笑っていて欲しいので。彼女がよろこぶようなことをしたいと思います」(34歳/医療関係者)

恋愛対象にするくらいですから、すでにちょっと「好き」なわけですよね。

好きな子に笑っていて欲しい、楽しい気持ちで居て欲しい……という気持ちから、親切にしたいと思うのは自然なこと。

彼があなたのためにあれこれやってくれるなら、そこには好意があると見て良いでしょう。

おわりに

1つ注意して欲しいのは、誰の相談にも乗ろうとする、誰にでも親切にする、という人もいます。

その場合は一概に「恋愛対象だから」とは言い切れません。

あくまでも「あなたにだけ」かどうかを観察してみてくださいね。

周りに聞いてみて、あなただけにこうした態度をとっているようなら脈ありと捉えて間違いないでしょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)