そろそろ告白されるのか、それとも自分から告白しないとダメなのか……。

恋人未満の時期って、そんなふうに悩むこともありますよね。

そこで今回は、男子が好きな子にしかしない言動をチェックして、告白待ちしていてOKかどうかを診断してみましょう。

意外なあの行動が、実は脈アリサインなのかも!

告白待ちしてOK!男性が「好きな子」にしかしない言動4つ

悩みを解決するより聞こうとする

女性が悩みを聞いてほしいときは、たいてい共感を求めている。

でも男性はひたすら解決しようとしてくれる……というのはよく聞く話ですよね。

でも、その心理の裏には「自分が優れた男であると証明したい」という、少し自己中心的なプライドがあります。

一方、大好きな女の子が相手なら、自分のことより、相話してくれること=好きな子に頼られている、という確信がほしくなるもの。

そのため、解決してあげたいという気持ちは同じでも、「俺でよかったら聞くよ」と、まずは話を聞こうとしてくれるでしょう。

時間をかけて、じっくり悩みを聞いてくれるなら、そのうち告白してくれるかも。

デートの感想をたくさん伝える

デート後は、LINEなどで感想を語り合ったり、デートの雰囲気そのままにイチャイチャしたりするのが理想ですよね。

きっと男性も、好きな子には、デートの感想をできるだけたくさん伝えたいと思っています。

「楽しかった!」という感想をたくさん言い合えたら、「楽しいデートがたくさんできるふたり」という事実を、積み重ねていきたい!……そんな心理があるのです。

そして、相手の子も同じように感じてくれているかも、たしかめたいのかも。

もし、デートの感想が話題になったら、たくさん共感してげるのがおすすめです。

ひとつでも多く褒めようとする

大好きな子なら、たくさん笑顔が見たいと思うもの!

その純粋な動機から、男性は好きな子の服やアクセサリ、髪型などを「可愛いね」「似合ってるね」とひとつでも多く褒めようとするでしょう。

また、褒めると相手が喜ぶことがわかっているため、自分のそばいたいと思うようになってほしい……とも考えている可能性も!

外見だけでなく、「~だったらどうする?」などの話から、「○○ちゃんって大人だね~」など、内面褒めるきっかけになる話題も提供してくれるかもしれません。

必要としていることを伝える

男性は、相手の女性からの好意を少し感じると、「自分も同じくらい好きだ」という気持ちを伝えたくなるもの。

告白になるような言動は避けつつも「キミがいないとボクはだめだ!」ということを、オブラート包んで伝えてくるでしょう。

悩みなどを相談しながら、「○○ちゃんに相談してよかった」や「いつも元気になれるよ」と伝えてくれるかもしれません。

「相談+必要」としていることを伝えるひと言があれば、あなたともっと親密な関係になることを望んでいると言えそうですね。

おわりに

多くの男性は、好きな女性が自分を好きであってほしいと強く願っています。

そのため、気持ちを確認する言動や、好感を持ってもらい、好きな気持ちをさりげなく伝える言動も多くなってくるでしょう。

そうした言動がチラホラ見えたなら、告白待ちするのが得策かもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)