付き合いが長くなってくると、相手との価値観の違いに気付いたり、マンネリ化してしまったりするもの。

喧嘩は相手と自分の価値観をすり合わせる行為なので、主張が激しくなったり譲歩ができなくなったりとヒートアップすることも……。

怒るという感情は「喜怒哀楽のなかで一番体力を消耗する」という説もあり、喧嘩を繰り返しているとお互いに疲れてしまいます。

しかし、倦怠期でもマンネリでも「元々の相性がいい二人」も存在します。

今回は、別れの危機は多いけれど、意外と相性がいいカップルの特徴を4つ紹介します。

別れの危機が多いけど…意外と相性のいいカップル4選

言いたいことをストレートに主張できる

言いたいことをストレートに主張できる相手は、大人になればなるほどそうそういないものです。

分かってくれない人に対して自分の考えや感情を露わにしないですよね。

自分の話を言いやすい相手は、大事にしておきたいもの。なぜならば、彼はあなたのことを思って言っている可能性があるし、あなたも自分らしく反論ができるから喧嘩になるのです。

どうでもいい相手ならば、そこまで時間をさきませんし、たとえ納得しなくても「それでいいか」と思うもの。

喧嘩そのものに悪いイメージがありますが、喧嘩ができる相手がいることは自分の悪いところを指摘してもらえるチャンスです。

彼との喧嘩に学びや発見があるならばそれはディスカッションと同じ。お互い相手への理解をしあっていけるといいですよね。

あと腐れしない

喧嘩した後は気まずさを感じますよね。

同性であっても、仲違いしたまま、気づけば随分と親交がなくなっていたなんてことも珍しくありません。

喧嘩になると感情が昂り「もう別れよう」となりがち。たとえ激しい喧嘩をしたとしても、その後に普通のデートを楽しんだり、元の関係に戻れることは特別なことなのです。

「相手が理解してくれる」という頭があるからこそ、その感情を相手にぶつけられるでしょう。

あと腐れせずに付き合っていけるパートナーは、この先も何があってもそばにいてくれるはずですよ。

喧嘩しないときは仲良し

喧嘩しても相性のいい関係とは?

普段は問題なく過ごせるのであれば、それほど喧嘩を重要視しなくてもいいかもしれません。

喧嘩しないときは、お互い穏便に会話ができたり、思いやることができるのならそこに愛情は存在するでしょう。

どんなに喧嘩が激しくても、彼のことを信じる余地があるのなら自分が納得するまで愛してみましょう。

友達のアドバイスや、喧嘩をしないカップルからは、「別れちゃいなよ」など指摘されることもあるかもしれません。

しかし、自分の好きな人くらいは自分で決めましょう。

喧嘩を繰り返しても「彼のことが好き」ならば、世間体に囚われることなく、自分たちらしい付き合いを続けていきましょう。

お互いに大事にしている趣味や仲間がいる

喧嘩をしたときの過ごし方は思いのほか大切です。

お互いに大事にしている趣味や仲間がいるのであれば、喧嘩ばかりに意識が囚われてしまうことが少なくなります。

喧嘩したときほどお互いヒートアップしてしまい、ひどい発言も出てしまうかもしれません。

しかし、お互いにストレス発散が上手であり、依存し合う関係でないのなら、喧嘩自体を大ごとに捉える必要はないでしょう。

別れの危機が多くても乗り越えれば絆になる

ひとくちに喧嘩といっても、実に様々な喧嘩があります。

嫌なことをされているのに受け入れてしまったり、相手が怖くて何も主張できなかったりする関係は対等とはいえません。

喧嘩をするくらい大事になってから分かる気づきもあるでしょう。「喧嘩にも疲れたな」と思ったら、彼とのこれまでの時間を見直してみるといいですね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)