彼と楽しくお喋りしていたのに、突然黙りこんだり、悲しそうな表情になったり、「私何か悪いこと言った?」と頭を悩ませることはありませんか?

何気ない女性の一言が、実は「嫌だな」と男性の気分を害していることがあるようです。

今回は、男性の体験談を元に、知らず知らずのうちに使っている、男性の気分を害する一言をご紹介します。

口ぐせになってない?男性が「嫌だな」と思っている何気ない女性の一言

信じてるからね

「転勤が決まって彼女と遠距離恋愛になりました。彼女が『(浮気しないって)信じてるからね』というたびに、プレッシャーに感じます。

浮気なんかする暇もないし、興味もないのに、あまりに言われると逆に不信感持たれてるのかなってしんどいですね」(24歳/営業)

自分の信頼感を伝えるために「信じてるからね」と男性に伝えることは多いかもしれません。

ただ、何度も使ってしまうと、逆にプレッシャーに感じる男性もいるようです。

実際「信じてる」という言葉は、重みのある単語ですよね。

ここぞというときに、一度だけ言ったり、手紙のなかで使ったりすることで、相手も「自分への信頼に応えよう」という気持ちになるのではないでしょうか。

何か面白いことないかなぁ

「同じゼミの子が気になってるんですけど、彼女の口癖が『何か面白いことないかなぁ』。

言われるたびに、『俺といてもつまらないの?』って地味に落ち込んじゃって、イマイチ恋愛関係へ一歩踏みだせません」(21歳/大学生)

時間を持て余しているときなど、つい何気なく「何か面白いことないかなぁ」と言ってしまいがちですよね。

グループで話しているときなどは、話のキッカケを作るのには良いかもしれません。

でも、相手と2人だけでいるときに言うと、「あれ?今のこの時間は楽しくないの?」という気持ちにさせてしまうこともあります。

「最近面白いことあった?」と聞いてみたり、「面白そうなイベントとか知ってる?」と聞いてみたりすると、話も広がって良いですよ。

期待してるよ!

「同じ年の彼女は中小企業の営業職。お互い仕事の失敗話とかもするんですけど、『○○君の実力を私は知ってるから!期待してるよ!』とか言うんですよね。

はげましてるつもりなんだろうけど、『今の俺じゃダメなの?』ってちょっと苦しくなっちゃう」(25歳/公務員)

相手をはげますために「期待してるよ!」という一言を使うことがあるかもしれません。しかし、場合によっては「今のあなたには満足していないけれど、今後のあなたには期待してるよ」という意味にとられることがあるので要注意。

男性は好きな女性からは、「ありのままの自分を認めてほしい」という気持ちを持っているものなので、「○○君ならできるよ」とか「すごく頑張ってるね」など、別の言葉ではげましてみてはいかがでしょうか。

何気ない一言を見直してみよう!

「信じてるからね」や「面白いことないかなぁ」など、普段何気なく使っている一言に、深く傷ついたり、もやもやししたりする男性も少なくないようです。

相手が気分を害した様子であれば、自分が言った何気ない一言を見直してみるのもおすすめ。

今後使わないようにすると、きっと相手との距離がもっと縮まりますよ♡

(愛カツ編集部)