気になる人から酔った勢いでキスをされてしまった。

「本気なのか?」はたまた「遊びでキスをするダメ男なのか?」。

……彼の本音がわからないとき、ありませんか?

どのように判断すべきなのか、またこのキスは受け入れるべきではなかったのか?

今回はそんな悩みに寄り添いたいと思います。

「なぜしたの?」男性がキスをしてきた状況と理由

酔った勢いのハプニングキスは「遊び」に発展しやすい

「体は求めてもキスを求めてこない男性は遊びだから注意しよう!」

男ゴコロにはそんな説があります。

しかしキスを求めてくるからといって男性が本気モードとは限らないのも事実です。

単に酔った勢いでキスをする“キス魔”のような男性も中にはいます。

酔っているときに、スキンシップを取りながらトークを楽しんでいると、場合によっては「キスしたい」と思うこともあるのです。

でもそれって、恋心とは違うんですよね。

そのキスが本気かどうかを見極めるには、そのキスに男性がどれだけの時間をかけてくれるかに注目してみてください。

大人だからこそあえて“なし崩し既成事実からの恋はじまり”は避けましょう。

遊ばれたショックで次の恋に踏み出せなくなると、人生でのロスタイムも大きくなってしまいます。

あなたの貴重な時間を、遊び人」にあげる必要はありません。

しっかりと見極めていきましょう。

本気じゃないのにキスしたくなる理由

男性がキスしたくなる瞬間をできるだけ多く紹介しましょう。

まずは、「落ち込んでお酒をたくさん飲んだ夜に、キスをしたくなる」という意見があります。

悲しみの打ちひしがれ、虚無感と喪失感を感じたとき、「やさしさを得たい」とか「やわらかい心に触れたい」と感じることがあるのだとか。

それの相手が「恋人」だったり、「ゆきずりの相手」だったり、「友達の女性」だったりするわけです。

また、仕事で忙しい毎日が続き、会いたくても会えなくて恋しい夜に恋人と電話をしている瞬間に「キスをしたくなる」という男性もいるようですね。

欲望を満たすためのステップとしての「キス」

欲望を満たすためのステップとしての「キス」

彼女がいないときに一番多いのが「遊びのセックスがしたいとき」のキス願望ですね。

女性的な魅力に興奮してしまい、そのままベットに持ち込みたいと感じるときに、キスをしたくなるようです。

このタイプの男性は、「この女性は本命にはならないな……」と自覚しても、そのままキスしてベットインするのだとか。

緊張してキスができなくなることもある?

一方で、女性からすると驚くかもしれませんが「好きすぎると緊張してキスができなくなる」という現象もあります。

しかも、30代近くになった男性の中にもこのような“乙女な瞬間”を持つ人がいるんだとか。

神格化しすぎると、体に触れることすら怖くなってしまうそうです。

なんともピュアな男性もいるものですね。

おわりに

キスは男性にとって1つの「愛情表現の手段」であることは確かです。

遊びの相手にはいっさいキスをしない男もいます。

また、長年つきあっている相手への気持ちが冷めるとまったくキスしなくなるのもよくある話ですね。

交際する二人にとって、愛のバロメータになるのが「キス」です。

一方で、付き合っていない男女の出会ったその日の「電撃キス」。

瞬間的な快楽は大きいですが、たいていその男性は1か月以内にほかの女性とも同じようにキスをすると思います。

男性の「本気のキス」は、時間と言葉によって熟成されたあとに放たれるもの。

「出会ったその日」や「酔って」のキス。

そんなキスをする男性には要注意……「あなたに本気なのかどうか」疑ってかかった方がいいかもしれません。

(潮凪洋介)

(愛カツ編集部)