付き合ってみないと、彼の本当の姿はわかりません。

でも、付き合う前にわかっていた方がいいですよね!

そこで、男性の干支別に、付き合う前にはわからない、付き合った「後」に出現する彼の本性・裏性格を占います。

子(ねずみ)年生まれ…ありがた迷惑なマメさ

子(ねずみ)年生まれの男性は、マメ。

連絡もマメにしてくるし、ちょっとしたプレゼントもマメにくれます。

良かれと思って先読みして世話を焼いてくれるのですが、付き合うとその世話焼きがどんどん独りよがりになりがち。

ありがた迷惑なマメさを発揮され、正直うざいと思うことも増えるでしょう。

丑(うし)年生まれ…他人事な態度

メンタルが落ち着いていて、とっても頼りがいのある感じの丑(うし)年生まれの男性。

付き合う前は声を荒げることも少なく、なんて穏やかな人だろうと思います。

確かに穏やかですが、それは女性の気持ちをわかろうとしないから。

自分とは関係ない、他人事だと思っているから穏やかなのです。

寅(とら)年生まれ…釣った魚にエサをあげ続けられない

ロマンティックな寅(とら)年生まれの男性。

付き合う前は、出会いがしらに花束を渡したり、甘い言葉を耳元でささやいたりと、ステキな彼氏になりそうな予感満載です。

しかし、ロマンティックはそう長くは続かない…という残念な側面も。

釣った魚にエサをあげ続けられないタイプです。

卯(うさぎ)年生まれ…言うことが変わる

フットワークが軽く、ノリがいい卯(うさぎ)年生まれの男性。

ちょっとしたお誘いも手軽な感じで、付き合う前は一緒にいて楽しい男性というイメージでしょう。

しかし、ノリ重視で毎回言うことが変わる傾向があるのです。

いちいち本気にすると、疲れるばかりというお付き合いに。

辰(たつ)年生まれ…鈍感で気が利かない

辰(たつ)年生まれの男性は、いかにも大物というオーラがあり、付き合う前はひたすらに「男らしくてカッコイイ」と女性は思います。

でも付き合うと、LINEは既読スルーどころか未読だし、記念日も忘れがち。

評価は「カッコイイけど、鈍感で気が利かない」に変わるでしょう。

巳(へび)年生まれ…束縛する

巳(へび)年生まれの男性は、好意を抱いた相手の様子をよく観察し、いつも体調を気づかいます。

行動予定も覚えてくれているため、「好かれてる!」と女性は感じるでしょう。

しかし、付き合うと、この気づかいはだんだんと束縛に変化していきます。

なんだか見張られているように思うのです。

午(うま)年生まれ…いつも金欠

おおらかな午(うま)年生まれの男性。

女性と出かけるときは、いつもご馳走してくれる太っ腹なタイプです。

付き合った後もそれは変わらずで、彼女的にはうれしいですが、他の女性にも変わらずご馳走してしまいます。

大勢での飲み会で「俺が払うよ!」とも言いがちで、いつも金欠でしょう。

未(ひつじ)年生まれ…少々重たい

女性に対して遠慮がちな未(ひつじ)年生まれの男性。

付き合う前は女性に気を使いまくりで、とても優しいという印象です。

でも付き合うと、それまで隠していた情熱が爆発。

一気に盛り上がり、生活すべてを彼女に捧げてしまう勢いです。

少々重たく感じる女性は多いでしょう。

申(さる)年生まれ…気持ちを試す

本気の恋でも軽めの恋でも、駆け引きをするのが好きな申(さる)年生まれの男性。

付き合う前はスリリングで、これからのふたりを想像するのが楽しみなほど。

しかし、付き合ってからもこの駆け引きが続きます。

女性の気持ちを試すようなことをするので、とっても疲れるでしょう。

酉(とり)年生まれ…「なんとなく」がない

頭が良く、完璧主義な酉(とり)年生まれの男性。

まさに仕事がデキル男という感じで、スマートな恋愛に女性は憧れます。

たいへん要領も良いのですが、それは自分が立てた計画に沿っているからです。

きっちり決まっていて、「なんとなく」がなく、デートの変更なんて許されないでしょう。

戌(いぬ)年生まれ…ちょっと亭主関白

戌(いぬ)年生まれの男性のイメージは「ふつうの男性」。

女性のいろいろにも理解がありそうと、女性は思います。

でも、付き合うとプライドは高いし、彼女に対して心が狭いところが出てきます。

実は密かに亭主関白に憧れていたりして、付き合う前とはイメージが違う、というレベルです。

亥(いのしし)年生まれ…欲望に素直

亥(いのしし)年生まれの男性は、とっても素直な性格。

何でも隠すことなくオープンな態度は、女性にとっても安心です。

しかし、素直ということは欲望にも素直ということ。

目の前にご褒美があると、それを優先しがちです。

つまり、魅力的な女性に誘われると我慢できないのです。

さいごに

裏性格もいろいろで、「この程度なら許せる」「いや、絶対ダメ! 無理!」と彼女の許容範囲もいろいろ。

そんな裏性格も含めて〝彼〟なので、広い心で受け止められるといいですね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)