永遠の愛といえば「結婚」を思い浮かべる人も多いでしょう。

アラサーになると周りの友達も結婚する人が増えて、「自分もあんな素敵な旦那さんがほしい……」と感じることってありますよね。

今回は、男性から永遠に愛してもらえる女性のポイントを探ってみました。

男性の本命決定版!結婚前提に付き合いたくなる女性って?

人としての最低限のスキルが備わっている

「家事も多くを望まないし、仕事も別に年収が大事というわけではないですね。大切なのは、一生ともに過ごす人なので価値観が似ている人がいいです。常識の定義が似ている人がいいですね。たとえば時間を守ったり、挨拶をしたりですかね。コミュニケーション能力が高い女性は一目おきます」(Aさん・36歳男性/アパレル)

どんな人であっても少なからず欠点はありますよね。男性もそれを理解している人が多い印象です。

年収や家事の出来高より、基礎的な能力があるかどうかを見られていると考えましょう。

一緒にいて不快に感じるのは、言い換えれば自分の常識外の態度を取られたときですよね。

自分のことを信頼してくれる

「自分ばかり信用して、相手の女性から信用されないのは悲しいです。それに信用されてないと『浮気してる?』など、束縛も強そうですよね。僕らしさを受け入れつつ、それを丸ごと信用して自由にさせてくれる女性がいいです」(Iさん・29歳男性/フリーライター)

一緒に長い結婚生活を営むのなら、信頼あってこそですよね。

その上で相手から信用されていることを大切にするのはもちろん、自分も心置きなく信用できる男性がいいと誰もが感じるはずです。

彼のことを疑ったり、その男性に不信感を覚えても、自分の解釈のしようによって随分と受ける印象が変わるものでもあります。

多くのことを経験して、多方面の考え方ができる女性がいいですね。自分の考えばかりを押し付けず、相手を尊重することも信頼の一つです。

頭ごなしに否定してこない女性

「心ではどう思っているか分からないからこそ、言葉ってとても大事だと思うんですよね。頭ごなしに『そうじゃないから』とか、言葉がきつい女性は一緒に生活しているとメンタルが弱りそうです(笑) 優しい話し方をする女性のほうがなんでも話しやすいから、結婚後の会話も減らなさそうですよね」(Wさん・31歳男性/経営者)

他人が、心ではどう思っているか分からない……それは誰しも同じです。

だからこそ、人は表情や声のニュアンス、その言葉の意味で相手の思っていることを推測するのです。

そう思っていなくても、相手にネガティブな気持ちを与えるのはよくないですから、伝え方にも注意が必要ですよね。

自分のルックスだけではなく、コミュニケーションのとり方も見直していきたいですね。

誰にでも人当たりが優しい女性

「人によって態度を変えない人がいいです。結婚していれば、その女性と人間関係を共有することも多いと思うので、親しみやすい女性は大事ですね。それで『奥さん性格いいよね』と言われたら僕も嬉しいし、多くの人と社交的な関係を築ける人は人間的にもとっても面白い人だと思うんです」(Mさん・24歳男性/SE)

相手によって差別することなく、どんな年齢層や環境の人も受け入れられる女性がいい、とこの男性は話します。

その上で笑顔でいることを心がけたり、相手の話をよく聞いたり、相手の言葉を尊重しつつ自分の意見を述べたり……など、1日心がけたからといって養われるスキルではありません。

様々な人と接することができる人は、そのぶん人間性が豊かな人です。

どんな対人関係もポジティブに捉えられる人に悪い人はいません。その向上心は対人関係だけでなく、結婚生活や仕事でも活かせるはずです。

可愛さではなく「信用」が大事?

一緒に連れていて自慢できるような可愛い女性やプロポーションがいい女性は、無条件にモテます。

しかし、それは男性が女性をアクセサリー感覚でみていることもあるのです。

結婚は共存生活だということは、男性もよく理解しているもの。心で繋がるには、まず本音を引き出す信用が必要になるでしょう。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)