職場やプライベートで年下の男性と話しているとき、盛り上がりに欠けるなあと思ったことはありませんか?もしかしたら原因は、あなたの話し方にあるのかもしれません。

今回は、年下男性があまり良く思わない女性の話し方について解説します。自分の普段の会話と比べて、気になる男性と話すときの参考にしてみてください。

年下男子が「イラッとする」年上女性の話し方3つ

やたらと上から目線で話す

「何かにつけて“そんなことも知らないの?”的な上から目線の女性はちょっと苦手。大抵の男からは嫌がられる話し方だと思う」(26歳/専門職)

あからさまに上から目線で威圧するような話し方は、男性のプライドを傷つけてしまいます。いくら年下でも相手は男性。話すときは偉そうにならないように心がけた方が良いでしょう。

気になる相手と年の差があっても、なるべくギャップを感じさせないような会話がおすすめです。

“どうせおばさんだから”などとに自分を卑下する

「“若い子はいいね”みたいな言い方をされると、疎外感を感じます。自分みたいなおばさんを相手にしてくれる人はいないとか思っているマイナス思考の人だと、こっちも疲れるしできるだけ話したくないなと思います」(30歳/営業)

気になる男性が年下であれば、経験してきたことなどにギャップがあるのが当然です。もしかしたら、知らないのは私だけ?というようなこともあるかもしれません。

しかし、そんなときこそ大人の女性の余裕をみせるチャンスです。“初めて聞いた!もっと教えて!”と、思い切って伝えると、会話も盛り上がり男性との距離が縮まりそうですよ

子ども扱いをする

子ども扱いをする

「子ども扱いは傷つくし、お母さんみたいな目線で話されると恋愛対象になりにくいです。普通に会話しているときは意識していないけど“かわいいね”とか言われると、年上だなと距離を感じますね」(25歳/事務)

年下の男性と話すときに、つい無意識に“かわいいね”などと言っていませんか?男性は、自分が子どものように扱われることに敏感なので、このフレーズはあまり良く思わない可能性が高いです。

さらに、自分が年下であることを気にしている男性は、とても傷ついている可能性があるでしょう。

会話の中でほめるポイントがあれば、“かっこいい”や“やっぱり男の子だね”といった、男性としての魅力を相手が再確認できるような言葉を選ぶのがおすすめです。

年下でも相手を尊重して話すことが大切

年の差があれば当然、会話の中でたくさんのギャップが出てきます。年下男性と話すときのポイントは、相手との違いを受け入れ年齢差を感じさせないことです。

女性が相手との年齢が気にならないよう会話の内容に気を配り、楽しんで会話をすれば、きっと相手の男性も楽しいと思ってくれますよ。

(愛カツ編集部)