初めてのデートは最初の難関ですよね。熱が入りすぎて相手に「気合入ってる」と思われないかなど心配になるひとも多いと思います。

デートを誘うときや初デートに使えるような会話でナチュラルに誘えたら、何も気負いすることはないのです。自然な会話の流れを意識できるといいですよね。

今回は、男性が喜ぶデートの誘われ方にフォーカスして、女性が使えるデートの誘い方を見てみましょう。

思わずOK!男性が喜ぶ「デートの誘われ方」

「今度○日空いてる?」

好きな男性に「これからデートに誘う」と決心すると、つい心臓がドキドキしちゃいますよね。

友達を誘うみたいにフランクに誘ったら、デートが叶うかもしれません。そんなときは、会話の流れで、「○日空いてる?」などカジュアルに誘いましょう。

二人きりを意識せずとも、一言言えばいいだけなので簡単に誘えます。

「他に誰をよぶ?」と彼が言ってきたら、「二人じゃだめ?」と可愛く聞いてみましょう。彼はそれだけでノックアウト。きっと「デートなんだ」ということを勝手に気づいてくれますよ。

「これは〇〇くんとのデートじゃなきゃね」

デートという単語で、緊張してしまうひとも多いですよね。

しかし、それは男性だって同じです。あえて“デート”という言葉を使うことで異性として印象付けることもできるのです。

「これは〇〇くんとデートしたときに(笑)」など、冗談めかしく誘ってもいいでしょう。

もし、彼が真に受けてくれたらその場で日時の決定まで話がすすむはずです。そのようにうまくことが進まないときも安心してください。

「今度デートしようよ!」など、デートの単語を頻発させるだけで付き合っているかのような二人になっていきます。

すると彼も「この子と一緒にいると楽しい」とか「付き合ってみたらいいかも」ということを勝手に妄想してくれるでしょう。

あとは焦らしてもいいですし、次々とデートの予約をとり着実に距離をつめてもいいです。彼を煮るなり焼くなりお好きなように♡

「美味しいレストランに詳しそうだよね」

「美味しいレストランに詳しそうだよね」

プライドが高そうなインテリ系男子には、褒めつつ誘うのが正解です。

「美味しいレストランに詳しそう」など、彼を褒めつつ「ついていきたい」と話すだけでOKです。

攻略が難しそうな彼ほど、褒められたことが嬉しくてデートを提案してきてくれるかもしれません。

もし仮に「レストランには詳しくないよ」とショックな一言がかえってきても大丈夫。「え?博識そうだから! 何になら詳しい?」と会話から彼を探ればいいのです。

どのみち褒めているので、自分のことを聞かれても悪い気がしません。

「ここに行きたいんだけど、今度空いてる日ある?」

奥手そうな彼には、自分から具体的なデート先を提案します。

「なんで俺なの?」と聞かれたら「ひみつっ!」と元気よく答えましょう。

もしタジタジしていたら、そのまま話を進めちゃって大丈夫です。「ここ新しくオープンしたんだって」など具体的なデートプランに巻き込んでしまえば、彼も次第にペースに巻き込まれてしまいます。

日時を一通り決め終わったら「じゃ、おしゃれしていくね!」など、そっと異性として意識していることを伝えられるといいですね。

そんな天真爛漫なあなたの姿に彼もメロメロなはずですよ♡

デートの誘われ方次第では男性も有頂天に?

デートに誘われるというのは、例え意中の相手以外でもとても嬉しいものです。

多くの異性のなかで「自分だけを選んでくれた」という優越感もありますし、何しろ「親密になりたい」と思ってくれた事実が嬉しいですよね。

デートの誘われ方次第で男性もあなたを意識するはずです。恥ずかしがらずにはじめの一歩を出してみてはいかがでしょうか。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)