奥手な女子にとって、自分の好意を示すのはとっても難しいもの。

さらに、相手もまさかの「奥手男子」……なんてこともありますよね。

そうなると、たとえ両思いだとしても進展なく終わってしまうことも考えられます。

これ、かなりもったいないと思いませんか?

そこで今回は、奥手女子が奥手男子とカップル成立するために、「あれ?この子、俺のこと好きなの?」と察する瞬間をお教えします。

この瞬間をうまく作れれば関係発展の大チャンス。

一緒に見ていきましょう。

「奥手女子と奥手男子」カップル成立のカギ、教えます!

LINEがずっと続くとき

「LINEを終わらせることなく、向こうから質問をしてくれると、『俺のことちょっと興味あるのかな?』って思います」(27歳/営業)

女子って「好きな人とのLINEは長く続けていたい」と思うもの。

男子も実は同じように好きな女子とはLINEを続けていたいと思う人も多いようです。

ですので、女子とのLINEが長く続くのは「自分への好意の証なのかな?」と、思うみたいです。

また、LINEに限らず、恋愛は「男子がリードして当たり前」というが風潮があるかと思います。

だからこそ、女子側から疑問文を送り、会話を盛り上げようと努力してくれると、男子は好かれている実感を得られるようです。

ただし、スルーされているのにしつこくLINEをしてしまうと、「面倒くさい」と思われてしまう可能性も。

話が途切れた場合は、相手からの連絡を待つか、日にちを置いて何かきっかけがあったときに、自然な感じで送るのが無難です。

落ち込んだときに励ましてくれたとき

「俺が仕事で落ち込んでたときに、『でも○○くんはずっと頑張ってたし!』『もう少し経ったらまた状況も変わるよ』と、同期の女の子がひたすら励ましてくれたんです。

イイ子だなと思ったし、『こんなに俺を気にかけてくれるってことは、俺にまさか気があるの?』と期待してしまいました」(26歳/商社)

普段仲良くしているのに、いざ相手が苦しい状況になると、面倒くさくなって放置する人っているんですよね。

だからこそツラいときに手を差し伸べてもらえると、より好意を感じられます。

また、落ち込んでいるときこそ自尊心が低下しているもの。

そんなときは一緒になって職場のグチを言うよりも、彼をやさしく励ましてあげるのが効果的でしょう。

明らかに緊張しているのに気づいたとき

明らかに緊張しているのに気づいたとき

「ほかのヤツと話してるときは普通なのに、俺のときは分かるぐらいドギマギしてて、『もしかして意識してるの?』と思ってこっちまで意識しちゃいました」(27歳/IT関係)

もし、自分の気持ちを知ってほしいと思うなら、逆に「緊張しすぎてドギマギしてしまう」のをダイレクトに伝えるものアリでしょう。

ただ、そこまで言える女性はなかなかいないもの。

なので、ちょっとドギマギしてはにかんでしまう姿を見せるくらいがちょうど良さそうです。

自分を好きで、緊張しているなんて知ったら意識をしてしまう男性も多いはず!

ただし、「好き避け」は嫌われていると思われてしまうので要注意です。

おわりに

奥手男子はなかなかアピールが苦手な傾向にあります。

それは奥手女子も同じですよね。

でも、あなたが奥手女子だとしても、あなたの方からちょこっとだけ動いてみるのもオススメです。

関係発展の大チャンスになるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)