気になる男性の気を惹くために欠かせないツールと言えば、LINE。好きな相手にはどんな言葉を送れば正解なのか、迷ってしまうことも多いですよね。

そこで、思いをよせる相手の気持ちを掴むために、男性から溺愛される女性がよく使うLINEのフレーズやスタンプなどをご紹介しましょう!

男性に溺愛される女性がよく使うLINEって?

やっぱり王道はハートマーク

「ここぞというタイミングでハートマーク付きのラインが送られてくると、気持ちを持ってかれますね。まさに今の彼女がそうなんです。ありがとうとかの何気ない感謝の言葉の後にハートマーク付いてるときもあって、最高すぎてもう溺愛!」(35歳/証券会社)

ハートマークは恋愛の象徴のようなもの。そんなマークを文末に付けて送ると、男性は自然と恋愛モードが高まるようです。

頻繁に送るのではなく、LINEでのやり取りの締めくくりや「ありがとう」などのさりげない感謝の言葉の後に付けるのが溺愛されるためのコツ♡

シンプルにハートマークのスタンプだけを送るのも、男心をくすぐるにはおすすめです。

「大丈夫?」などの気遣うフレーズ

「体調とか時間とかを気遣うようなLINEをいつも送ってくる子を溺愛してます。優しい言葉を送ってこられたら、そんなに俺のこと大切に思ってくれてるのか~って思っちゃいますよね」(32歳/ジムインストラクター)

相手を思いやる気持ちをLINEで伝えることで、恋愛がいい方向に進展することもあります。

気になる彼には、タイミングを見計らって「大丈夫?」「疲れてるよね」などと相手の体調や時間の都合などを配慮したフレーズを送ってみましょう!

すぐにLINEの返信をせずに、1時間後など、ちょっぴり時間をおいてから返信するのも、溺愛される女性になるためのコツです。

ネガティブな感情はキュートなスタンプで表現

「溺愛してる今の彼女は、悲しいことがあるとかわいいスタンプでその気持ちをLINEで送ってくるんです。長文とか送られてくると面倒だけど、スタンプだと話聞いてあげたくなります」(31歳/アパレル企業)

ネガティブな感情をストレートに言葉にして伝えることで、男性は面倒に感じることもあります。

どうしても好きな男性に悲しい出来事を聞いてほしいときは、キャラクターモチーフなどのキュートなスタンプを使って、重くなりすぎないように心がけましょう。

スタンプで軽めに伝えることで「どうしたの?」と心配してくれるそぶりがあれば、思い切って相談してみるのもアリ!

上手な言葉で溺愛される女性になろう

男性から溺愛されたいなら、上手な言葉のチョイスがポイント♡

暗く重い印象のラインにならないよう、ハートマークやキュートなスタンプを交えるのも覚えておきたいポイントです。

そんな何気ないLINEの内容で、男性の気持ちをグッと引き寄せることができるかもしれません♡

(愛カツ編集部)