好きな人に対しては、男性だって「会いたい」という思いがどんどん募っていくものです。

そういった状態のときには、思わずその気持ちが抑えきれずに言動に表れたりもするはずです。

そこで今回は、男性が好きな女性に「会いたいとき」に見せる言動を紹介します。

思わず…男性が好きな女性に「会いたいとき」に見せるサイン

「用件のない連絡」をする

男性はLINEをコミュニケーションツールというよりも連絡ツールとしてとられている人が多いです。

だからこそ、男性から特にこれといった用件もないのによくLINEがくる場合には、あなたのことが気になっている証拠と言えるでしょう。

「会いたい」という気持ちが抑えきれなくなり、思わずLINEを送ってしまっている状態の可能性も高いかも。

あなたもその男性に気があるのなら、わかりやすく暇アピールをしてあげると、「じゃあ、今からご飯でも行こうよ」なんて流れに持ち込みやすくなるはずですよ。

「行きたい場所」を伝える

「あのお店に行ってみたいんだよね」とか「あの映画は絶対に観たいんだ」などと、自分の行きたい場所ややりたいことを男性がそれとなく伝えてくる。

そういった場合には、「一緒に行かない?」という思いが実は隠されていることが多いです。

「あのお店に行ってみない?」とストレートには言えないので、「行ってみたい」とあなたに思わせるようにアピールもしているのかも。

「そのお店、すごく気になります」と前向きな反応をしてあげたら、きっとそのまますんなりとデートの約束ができるでしょう。

それとなく「予定」を探る

好きな女性に会いたいと感じたら、「デートに誘ってみよう」という考えになるはずです。

そのためには、いつだったらOKをしてもらえるかが重要なポイントになってくるので、相手の予定が気になるもの。

「最近は忙しいの?」「週末はいつも何をしてるの?」「仕事帰りに飲んだりするの?」「来週は仕事忙しい?」。

そんな風に男性があなたの予定や状況をそれとなく尋ねてくるのなら、誘い出せるチャンスを探っている可能性が高いので、空いている日時を具体的に教えるようにすると、デートも決まりやすくなりますよ。

「友人を交えて」誘う

好きな女性に対しては、緊張して2人きりのデートにはなかなか誘えないという男性も少なくありません。

でも、「会いたい」という思いは強くあるので、「○○たちと一緒に飲まない?」と、友人を交えての飲み会に誘ったりするのはよくあるパターン。

2人きりを避けているのではなく、友人たちが一緒にいてでもいいからあなたに会いたいという状態なのでしょう。

最初はグループでばかり会っていても、そこから親密になっていけば、男性も2人きりのデートに誘いやすくなるはずですよ。

おわりに

「会いたい」という気持ちが大きくなれば、男性はジッとはしていられなくなるはずです。

あなたもその男性に気があるのなら、ちゃんと好意を示すようにすると、デートの回数も自然と増えていくでしょう。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)