「なぜ彼氏が怒ってるんだろう」って思うこと、たまにありませんか?

素直に言えない男性ほど、女性に勘違いされやすく、本当は彼氏自身も「なんとかしたい」と思っているのかもしれません。

そんなときに自ら歩み寄り思いを汲んであげられる彼女なら彼氏も「この子は特別」とさらに惚れ直してくれるでしょう。

今回は、彼氏が突然不機嫌になる理由の第一位「嫉妬している彼氏が見せるさりげないサイン」を紹介します。

嫉妬している男性が見せる「さりげないサイン」4選

会話の前後に不機嫌になる

いつも決まった会話の前後に不機嫌になるのなら、そのなかに嫉妬する原因があるのかもしれません。

原因がわからないときは、あえてその話題を彼氏にふることも有効的です。同じ会話で不機嫌になることがわかったら、「今の話つまらなかったかな」と寂しそうに聞きましょう。

そこで、彼氏がその不機嫌な理由を話してくれると解決しやすいですよね。

また、嫉妬深い彼氏に見えなくても男性には独占欲があります。他の仕事の仲間の男性の名前を出されただけでも内心は不安になってしまう彼氏もいます。

他の男性の名前を出すときは十分に注意しましょう。他の男性を褒めた後は「それでも〇〇くんが好き!」とフォローを忘れないようにしてくださいね。

急に強引な行動に出る

急に強く抱きしめられたり、人気のないところに連れてかれたのには理由があります。

彼はなんらかの拍子に嫉妬してしまった可能性が高いです。

そんなときは彼のペースに流されるのではなく、きちんと彼が不快に感じた理由を聞いてあげましょう。

いたずらな笑みで「ヤキモチ?」と首を傾げて聞くのもおすすめです。本命男性は彼氏だけというのを根気強く伝えられるといいですよね。

女友達の名前をだすとツレない

男性によっては彼女のことを溺愛している場合があります。

女性の名前を出しても、不機嫌になってしまう彼はそれほど彼女のことが大好きなのです。

自分のいない時間があり、その時間を彼女は有意義に過ごしていると考えると彼氏はいらっとしてしまうのでしょう。「僕は君がいないと楽しくもなんともないのに」といった寂しさが隠れていることもあります。

嫉妬深い彼氏のペースにいつも合わせているのはとても疲れますよね。

「女友達と過ごす時間があるからこそ、彼氏の存在もまた嬉しくなっちゃう」など、彼の存在を忘れていないことをアピールするといいでしょう。

口下手な彼氏には本音を引き出す努力を

日頃からおしゃべりじゃない男性は、好きでそのような性格をしているわけではありません。

自分の本音を伝えられないことに多少なりとも不便をしていることでしょう。

しかし、話してくれないのにも関わらず憶測で会話を進めてしまうのは、彼氏にとってもあまり気分がいいものではありません。

そんな彼氏はまず日頃から本音を出しやすい環境を作ってあげることが一番です。

話題に困らないレジャースポットはもちろんのこと、思わず「美味しい」と言ってしまうようなレストランも手段の一つ。

「本音が話せないからこそ、ヤキモキする」という感情を誰もが一度は経験していると思います。

彼氏の目に見えない気持ちに寄り添ってあげる日常を送ることで、彼氏もあなたへの感情をぶつけやすくなるかもしれません。

彼の嫉妬しているサインを見逃さないで

嫉妬している彼がさりげなく見せるサインは、彼女だからこそ理解できるものでもあります。

日頃から長い時間を共有している二人だからこそ異変に気付けるのです。そんなときは「彼女なんだから頼ってね」など、「この女性なら自分の醜いポイントも受け止めてくれる」という安心感が必要です。

真っ向勝負で嫉妬の理由を聞き出すのもアリですが、彼氏が日頃から本音を語りやすい関係性を目指すといいでしょう。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)