片想い中の彼ともっと関係を進展させたい!

そんな切なる気持ちにこたえてもらうべく、女として意識してしまったというLINEのメッセージがあるのか、男性に聞いてみました。

いったいどんなLINEが男性の心を動かすのか、探ってみましょう。

男性が女友達を「女としてつい意識してしまう」LINEフレーズ

「○○のことをずっと近くで見てるから」

「ふと何気ないLINEしてるときに『なんか元気ない?ずっと近くで見てるからなんとなくわかるよ』ときたんです。たしかに少し疲れてたときだったので、自分のことを考えてくれてるのかとちょっとドキッとしました」(28歳/金融系営業職)

いつも近い存在として自分がいることを、彼にアピールしたいときにおすすめのフレーズ。彼の様子って気にしようと思っていなくても、つい目で追ってしまいますよね。

疲れてそうだな、元気なさそうだなという彼の異変をキャッチしたら、すかさずLINEを送りましょう。

男性はなかなか自分から弱音を吐けないものなので、きっかけを作ってあげると彼の意外な一面が見られる可能性もありますよ。

「会えなくても応援しているよ」

「仕事の関係で友だちにもなかなか会ってない状況だったんだけど、そのときにこう言われて……。ただ頑張れ!じゃなくて、もっと気持ちがこもっているように聞こえて、そこから意識し始めちゃいましたね」(31歳/SE)

彼の仕事が忙しかったり、何かに打ち込んでいたりするときに効果が期待できる一文です。「頑張れ!」や「ファイト!」だけだとすこし軽く感じられ、サラッと流されてしまう可能性もあります。

このフレーズを送ると、本当に応援しているという気持ちだけでなく、あなたの好きだという想いもほんのり彼に伝わるでしょう。特別感をアピールするのにおすすめです。

「○○と一緒に行きたいお店がある」

「○○と一緒に行きたいお店がある」

「みんなでよく遊ぶ仲間だったんだけど、わざわざ個人LINEで一緒に行きたいお店があるって言われて……。ふたりがいいってことかって思って、約束の日までドキドキしていましたね」(29歳/公務員)

「ふたりで」というニュアンスを強調したフレーズ。

行きたいお店があるなら、みんなで行けばいいのに…あえてふたりで?そんなところに、彼が反応してくれれば、こちらのねらい通りです。

なかなか気が付かない男性もいるようなので、そのときは「あなたとふたりで楽しみたい」とダイレクトに伝えてみてもいいでしょう。

LINEテクを駆使して一歩前進!

彼との関係がなかなか一歩踏み出せないな……脈なしなのかな……と不安になっているあなた!彼とのLINEで一歩前進できるカギが隠されているかも知れません。

彼に女として意識してもらえるように、LINEでさり気なくアプローチしてみてはどうでしょうか?この一歩で彼とあなたの関係に変化が訪れるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)