「なんか彼がイライラしている……。なぜ?」という場面に出くわしたことありませんか?

もしかしたら、あなたが悪気なくやっていることが、彼の腹が立つポイントになっているのかもしれません。

そこで今回は、男性が愛している女性にされたら腹が立つことを聞いてみました。自分が気づかぬうちにNG行動をとっていないか、チェックしてみてください。

男性が「愛している女性」にされたら腹が立つこと3つ

嘘をつかれる

「俺の彼女ってたまに、なぜそこで嘘をつく?ということが多々あるんですよね。信じて!といわれて信じたら嘘だった、なんてことが続くと、ショックを通り越して腹が立ちますよ。見栄を張りたい、俺にいいように思われたいと思っての嘘なんでしょうけど、嘘に嘘が重なって最終的に信用できなくなりそうなので直してほしいです」(26歳/造船業)

好きな人に嘘をつかれると、誰でも悲しい気持ちになりますよね。彼のためや結果的にプラスになるようなときなど、本当に仕方のない場合を除き、基本的に嘘をつくのはやめておいたほうがいいでしょう。

愛しているからこそ、つねに真実を口にして欲しいというのは、男性だけでなく女性も同じなのではないでしょうか。

彼以外の男性をほめる

「彼女が僕以外の男のことをほめているとイラっとします。単なる嫉妬なんでしょうけどね(笑)好きだからこそ腹が立つんだと思います。ほかの男のいいところとか、別に聞きたくない」(24歳/大工)

男性は、愛している女性から常に一番だと思われたいもの。そんな中、あなたが他の男性を褒めてしまうと、彼の中で嫉妬心や対抗心が芽生えてしまい、腹を立たせてしまうかもしれません。

仮にあの人すごいな~と思うような男性がいたとしても、彼には話さず心に閉まっておきましょう。

母親みたいなことを言ってくる

「彼女という立場でここがダメ、しっかりしてなど、母親じみたことを言われると腹が立ちます。やっぱり、好きな人には尊敬してもらいたいし、優しく接してほしいです」(24歳/介護スタッフ)

男性は、愛する人に癒やしやかわいさを求めるもの。なのに、母親のように説教をされてしまうと、少しめんどくさいな……という感情になるようです。

男性はプライドの高い人が多いです。気になることがあったときは、ずけずけと指摘や否定をするのではなく、さりげなく嫌な気分にさせないように意見してみましょう。

彼を怒らせためには彼を一番に思い優しく接して

男性は、好きな人には一番に思われていたいし、優しくされたいと思うようです。全く彼を怒らせないようにするということは不可能に近いので、今回のNG行動を参考に、彼を怒らせる言動をしていないか振り返ってみましょう。

彼から愛され続けるための参考にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)