「男性の気持ちは、ときに女心より複雑?」・「それとも単純すぎる?」

……どちらにせよ、どうしてそう感じてしまうのか、わからないときってありませんか?

いい雰囲気だったにもかかわらず、女性からすれば、「え、そんなことで?」というのが原因で、男性が突然冷めてしまうなんてことも!?

今回は、男性が冷めるきっかけになり得る女性の言動をご紹介します。

一緒に見ていきましょう!

要注意!男性が急に冷めた女性の言動5つ

女子会がデートより楽しそう

日々を戦う女たちにとって、安心して愚痴り、励まし合い、笑い合えるのが「女子会」でしょう。

憩いの場でもあり、友情を確認する場でもあり、「女を磨くための必須イベント!」という方も多いでしょう。

でも、そんな女子会に行くのを「楽しみ~!」と表に出しすぎていると、「俺とのデートより楽しそう……」と、寂しくなってしまうのが男心のようです。

女子会で、こっそり「つまらない男」として話されていないかまで、心配になってしまう男性もいるんだとか。

友達の彼氏を羨ましがる

人それぞれ恋があり、友達に素敵な彼氏が見つかれば、それもまたひとつの「いい話」ですよね。

でも、あまりに友達の彼氏を「いい男」として話してしまうと、聞いている男性は、自分とくらべられているような気分になることもあるようです。

ちょっぴり話すくらいなら大丈夫ですが、何度も褒めたり、友達がどれだけ素敵な恋をしているかを、熱く語りすぎたりするのはNGでしょう。

「あなたと違って、○○ちゃんの彼氏は~」という話に勝手に置き換えてしまう男性もいるようです……ほどほどにしておきましょう。

あげたプレゼントより高いものを自分で買う

命令系の口調

男性からプレゼントをもらったときも、ちょっとした配慮が必要かもしれません。

……というのも、プレゼントしたものをどう扱うか、どう受け取っているかで、男性は自分の価値を測る傾向にあるからです。

たとえば、アクセサリーをプレゼントして、あなたがよくつけてくれているなら、誇らしく、嬉しく思うでしょう。

でも、プレゼントのあとに、プレゼントしたものより、明らかにイイ物を自分で買って、身につけてしまうと、自分のランクまで下げられた気分に……。

彼からもらったプレゼントの比較対象になるような物は、買わないほうがよさそうです。

命令系の口調

なにかアドバイスをするときには、男性のプライドを傷つけたり、慎みの無い女だと思われたりしないよう注意が必要でしょう。

もちろん、これは男女関わりなく注意すべきポイントでもあります。

「○○しなさいよ」や、無関係の他人の愚痴や文句でも、「○○しろよ~!」などと言わないよう、下品な言葉使いには気を付けておきましょう。

男なんだから○○と決めつける

「男なんだから○○しないと」「男だから気にならないでしょ」という決めつけはNGでしょう。

個性を無視した、性別での決めつけは、相手を不快にさせてしまうはず。

自分にとって理想の男性像があったとしても、「男だから」という理由にするのはやめておいたほうが無難でしょう。

どうしても改善点を伝えたいのであれば、その人自身がより魅力的になるため……というニュアンスで伝えていきましょう。

おわりに

男性からすると、大切にしてほしいものや、自分の価値を測る対象は、意外と細かく繊細なところなのかもしれません。

自分の目線だけでなく、相手の心や価値観を読み取るようにして、「ちょっとした気遣い」ができる女を意識してみましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)