彼氏とケンカ別れしてしまった経験はありますか?

別れにつながるケンカを経験してしまうと、好きな彼に意見を言うのも怖くなってしまうこともありますよね……。

しかし、言いたいことを我慢してケンカを防いでも、ストレスがたまり、問題も解決しません。

ケンカを繰り返しながらも、すぐに仲直りできるカップルは、どんなことに気を付けているのでしょうか?

ケンカしてもすぐ仲直りできるカップルがしていること

怒りをためない

「そもそも、怒り爆発!的な大ゲンカになっちゃうと、お互いにダメージが大きいですよね。
どっちかが泣くハメになったり……(笑)。

なので、気になることがあったらその場で言っちゃうようにしてます。
『今度からこうして』って普通のテンションで言えば、彼も素直に聞いてくれます」(26歳・女性)

ケンカの原因は他愛のないことでも、いきなり激しい怒りを相手にぶつけることで、必要以上の大ゲンカに発展してしまうことがあります。

長続きするカップルは「下手なガマンが大ゲンカにつながる」ことをよく知っています。

「気になるなあ」と思ったときに、柔らかい口調で伝えることを心がければ、そもそも「ケンカ知らず」な二人になれるかも?

過去を蒸し返さない

「以前は『前もそうだったじゃん!』『その話は済んだだろ』とかで、ケンカが激しくなることもあったんです。
前と同じことをしてるから怒ってるんだけど、彼はとにかく、終わったことを蒸し返されるのが嫌みたいで。

反発しまくって話が進まないので、今起きていることに話題を絞って話すようにしてます。
ちょっと子供っぽいかなと思うけど、まあ、それもかわいいものかなと思ったり思わなかったり」(28歳・女性)

何度も同じ失敗を繰り返す彼も、なぜか「前もそうだった」という指摘にはめちゃめちゃ反発する……。そんな女子の声も。

「終わったことを蒸し返すなんて卑怯!」という本題からそれたところで大ゲンカに発展することもあるようです。

「毎度、初めて注意するのと同じノリで話してたら、彼のほうから『そういえば前にも言われたね』と謝られた、なんてこともあるみたいですよ。

相手を試さない

「ケンカの勢いで『別れる』『浮気してるんでしょ』とか言わないこと。
『じゃあそうしよう』『そういう疑いを持つってことは、自分だって浮気してるんでは?』みたいな泥沼のケンカに発展することが減りました」(25歳・女性)

ケンカ別れや、彼の浮気……。実際に起こったら悲しいですよね。

相手を試すかのように、そういう可能性を持ち出して相手の感情に訴えようとする人も少なくありません。

でも、これによって「もう別れてもいいかも」「浮気なんて考えてなかったけど、信用されてないならいいか」と、スイッチが入ってしまうことも。

実現したら困ることで、相手の心にゆさぶりをかけるのはやめたほうがいいでしょう。

怒った状態で解散しない

「ケンカの気まずい状態のまま解散して、数日たって連絡したら『なんかもういいって感じ』と振られたり、
勢いで『もういい!!』ってその場を去って、その後会えなくて大ゲンカになったりしてました。

その日のうちに仲直りするか、『夜、冷静になれたら電話する』と言って、冷静な状態で解散することにしてます」(23歳・女性)

ケンカ別れしてしまったカップルに聞くと「仲直りのタイミングを逃がしてしまった」という声を多く聞きます。

謝るのが苦手な男性も多いので、ケンカをしたまま、勢いに任せて姿を消すと、仲直りのチャンスをつかめなくなることも。

長引けば長引くほど別れに近づくのが、カップルのケンカです。

「仲直りしてから帰る」など、ルール化することで不本意な別れが防げるかもしれません。

相手を傷つけることを目的にしない

怒りに任せて激しい口調で相手を責めたり、過去を蒸し返すなど、相手のメンタルにダメージを与えることが目的になるケンカはNG。

思い通りにならない相手を傷つけても、関係がよくなることはありません。

普段のコミュニケーションも合わせて見直してみると、ケンカのコツがわかるかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)