「彼も私のことを好きそうだし、そろそろ告白されるかも……?」と思っているのに、「なぜか告白されない」ということもあるようです。

せっかく恋人同士になれるのになぜなのでしょうか?

そこで今回は、その疑問について、男性に直接答えてもらいました。

両想いなのに、男性が告白をしない理由をチェックして、次の戦略を練るヒントにしてみませんか?

男性に聞いた! 両想いなのに告白しない理由

過去の恋を清算できない

「ぼくの好きな子は、すごくまじめで、しっかりしていて優しいんです。絶対に彼女にしたい子なんですが、いまだに元カノの存在が忘れられません。

ふとした瞬間に、元カノの言葉を思い出してしまい、寂しい気持ちになるんです。いま好きな子を、元カノの代わりになんてできませんから、気持ちの整理ができるまで、もう少し待ってもらいたいと思います」(25歳・男性・配達員)

男性は、女性より過去の恋を消化するのが苦手な傾向にあります。

女性の場合、新しい彼氏ができると、元カレの存在を忘れられるというケースも多いですが、男性は未練を断ち切るのに時間がかかることもあるようです。

元カノを早く忘れさせようとするよりも、あなたと彼とで楽しい思い出をたくさん作るとよいでしょう。

積極的で前向きなアピールがいいかもしれませんね。

将来も支えられるか不安

「好きになると、『守りたい』『支えたい』と思うんです。でも、いざ真剣交際すると考えると、『自分は本当に大丈夫なのか?』という不安に襲われてしまいます。

年齢的にも、交際すれば結婚を視野に入れなくてはいけませんし、責任も感じるので、なかなか告白に踏み切れません。自分の器量や経済力などにも不安があります」(29歳・男性・会社員)

相手を好きになればなるほど、逆に不安になってしまう気持ちは、女性のみなさんにもわかるかもしれません。

好きなあまり、相手を失いたくないと強く思ってしまうのでしょう。

彼が不安そうなときは、彼のいいところをたくさん褒めてあげてください。

たとえ失敗しても、一緒に支え合えることを、さりげなく伝えてあげるといいかもしれませんね。

いい男が現れたらフラれるかも

いい男が現れたらフラれるかも

「正直、自分の容姿には自信がありません。もちろん、外見だけで男の良さが判断されるわけじゃないってわかってはいるんですけど……。

もし好きな子の前に、イケメンが現れたら? と思うと、みじめな気持ちになりそうで、告白をためらってしまいます」(32歳・男性・自営業)

「男のなかでトップに立ちたい」と考えてしまうような男性は、ライバルの存在が気になってしまうものです。

女性よりも、ライバルに対するプレッシャーが高いのかもしれません。

気になる彼にもっと自信をもってもらいたいなら、相手のいいところを褒めて、「なぜあなたと一緒にいると楽しいのか」を、具体的に伝えてあげるとよいでしょう。

おわりに

好きなら、早く告白してほしい。そう願ってしまいますが、男性にも不安はあるものです。

でも、逆に言えば、不安を理解してあげることで、信頼関係が強くなる可能性もあります。

ふたりが両想いなら、言葉でハッキリ告白されなくても、きっといいカップルになれるはずですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)