「ダメンズはもう無理!」「もうアラサーだし、長続きしない交際はやめたい」という女子も少なくないはず。

今回は、「恋愛が長続きしない要注意人物」の特徴をご紹介します。

いまの彼にこんな特徴がみられたら交際を考えなおした方がいいかも!?

こんな男性はキケン?「恋愛が長続きしない」要注意人物の特徴

元カノの悪口をネチネチいう

「過去の恋愛を聞いたときに、元カノの悪口を言う人はやめたほうがいい。元カノに対して未練がある証拠だし、彼女よりも自分が大好きな自己チューな人が多い。彼女を自分の所有物とでも思っている傾向にあるので要注意」(20代・事務)

交際前のデートで、過去の恋愛の話をすることもあるでしょう。そのときに、彼が元カノのことをあまりにも悪く言うようなら、要注意人物です。

彼女よりも自分のことを優先する、自己中心的な男性の可能性大。付き合っても長続きしないでしょう。

見え見えの嘘をつく

「元カレと出会ったとき、『インサイダーで2億円儲けた』『タマワン最上階に住んでる』と言われたけど怪しかったので共通の知人に聞いたら、彼は団地の実家住まい、よく金欠になっているタイプだと聞いて、やっぱりなと」(30代・接客)

平気で嘘をつく人とは、長続きする良い関係は築けません。

誰しも小さな嘘をつくことはありますが、嘘の回数が多かったり、見栄を張るためのくだらない嘘が多かったりしたら注意しましょう。

トラブルに巻き込まれかねないので、交際は見送りましょう。

こだわりが強く自分の価値観でしか生きられない

「マッチングアプリで知り合った証券マンが、デート中に『テレビはニュースしか見ない。バラエティやYouTubeはホントくだらない。見る価値ない!』など、偏った意見を連発。よく聞いたら、過去の恋愛はどれも長続きしなかったみたい」(30代・フリーランス)

誰にでもゆずれないことの一つや二つありますよね。しかし、こだわりがあまりにも強すぎるタイプの男性と、交際を長続きさせるのは難しいかも。

この場合、相手の価値観を受け入れずに否定するだけでなく、彼自身のやり方やルールを相手に強要します。

恋人を選ぶときは、こだわりが強すぎない男性を選ぶほうが安泰かもしれません。

怪しい男には近寄らない!

誰と付き合っても長続きしない男性は、その原因となる何かしらの特徴があるもの。

将来につながる良い恋愛をしたいのなら、「要注意人物」には近寄らないようにしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)