気になる人や彼氏とのLINEで「自爆」をしてしまった人もいるのではないでしょうか。

ついつい「返信まだかな?」と気になり、返信が来る前にさらに送ってしまって、「重たい」と思われてしまった、なんて話も聞きます。

今回は失敗しないためにも、「男性が好む女性からのLINE」をご紹介します。

考えすぎなくて大丈夫!男性が好む「女性からのLINE」とは

文章短め&かわいいスタンプ

「文章は短めがいい。だけど淡白じゃなくて、かわいらしいスタンプとか使っているLINEはキュンとする。一番困るのは、画面いっぱいの長文。読むのも大変で、返信も『文章を長めにしないと失礼かな?』と気を使ってしまう」(30代・証券)

LINEは「短め」かつ「かわいい」ものであることがポイント!

特に、仕事で忙しい男性からすれば、返信のしやすさという点でも、短めの文章が好まれる傾向に。

彼のことが好きだと、伝えたいことがたくさんあってついつい長くなってしまいがちですが、端的にまとめるのがコツ。

スタンプ等でかわいさを補っていきましょう。

テンポよくラリー

「夜ゆっくりしているときとかに、好きな子とテンポよくラリーが続くと楽しい!変に時間をあけて駆け引きせずに、返せるときはすぐに返してほしい」(20代・広告)

「好きな人への返信はすぐしちゃダメ」的な恋愛指南コラムもありますが、テンポよくラリーが続いた方が楽しい!という男性もいます。

仕事中は難しいですが、夜のリラックスタイムには、短文でポンポンとやり取りするのがオススメ。

話が盛り上がり、「この子とは気が合う!」と、彼のテンションも上がるはずです。

一通に対し一通

「仕事中とか、寝ているあいだに『何してるの?』『おーい。返信まだ?』とか何通もLINEがきていると恐怖。LINE一通に対し、返信一通が好ましい」(30代・IT)

トークルームを開いたときに、明らかに二人の吹き出しの量に差があると、どうしても温度差を感じてしまいます。もはや恐怖を感じるレベルかも……。

彼のことが好きすぎて、返信が来る前にまたLINEを送ってしまう女性の心理もよくわかります。

でも、それは彼との関係を進展させるという意味では逆効果。

緊急の用でないならば、ぐっとこらえて返信を待ちましょう。

明るい・楽しい話題

「そもそもLINEも電話も得意じゃないけど、明るい話題とか、楽しい話題のLINEは好き。逆に、病んでるアピールとか、『なんで既読なのに返信くれないの?』とか重めのLINEはしんどいね」(30代・商社)

男性は、女性ほどLINEや電話を重視しない人が多いもの。むしろ苦手……、という人もかなりいます。

とはいえ、明るい内容や楽しい内容ならウェルカム! 逆に重い内容のメッセージを送ってしまうと、余計にLINEのやり取りが苦手になってしまうかもしれません。

彼に送る内容は、明るく楽しい話題を心がけましょう。

女性が好むLINEと男性の好むLINEは違う!

女性が好むLINEと、男性が好むLINEはちょっと違うもの。

交際前、彼との距離を縮めていく大切な時期だからこそ、「重たい」と思われないように気をつけましょう。

彼とのLINEは、短めでかわいく、返信のペースにメリハリをつけていくのがコツ! ぜひ実践してみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)