彼女の束縛が激しすぎると、男性はどんどん気持ちが冷めてしまいます。

一緒にいることが苦痛になるので、「逃げ出したい」という思いも芽生えてくるでしょう。

そこで今回は、男性が「我慢できない」彼女からの束縛を紹介します。

やめてくれ!男性が「我慢できない」彼女からの束縛

常に細かく「確認してくる」

「『今どこにいるの?』と彼女によく聞かれるんですが、さすがに何度もやられると鬱陶しくなってくる。なんでいちいち報告しなきゃいけないのか、意味不明です」(27歳/男性/イベント制作)

「今どこ?」「何しているの?」「今日の飲み会は誰と誰と誰がいるの?」「何時に終わるの?」。

そんな風に彼女に常に状況を細かく確認されたら、もはや監視をされているのと同じです。

心配だからとはいえ、ほどほどにしておかないと、信頼関係が築けなくなるので、男性の心はどんどん離れていってしまいますよ。

勝手に色々と「触る」

「勝手にスマホを触るのは、さすがに彼女でもやってはいけないことだと思う。パスワードを教えろとか言われると、本当にうんざりする」(30歳/男性/WEBエンジニア)

いくら恋人同士だからとはいえ、最低限のプライバシーはお互いにきちんと守るべきです。

勝手にスマホを触ったり、郵便物を開封したり、引き出しを開けたりするのは、さすがにNG。

了承を得ているのならまだしも、強引に全てを知ろうとするのは、自分の感情だけで突っ走っている行為なので、尊重し合える関係にはなれなくなりますよ。

「SNS」を欠かさず見ている

「SNSをかなり細かくチェックされると、なんかもうそのプレッシャーが怖くてアップすることができなくなる。別に疑わしいことなんて何もしていないのに」(31歳/男性/自営業)

恋人のSNSは普通にお互いに見るものでしょうが、あまりにも細かく欠かさずに見られていたら、それはやはり重いです。

誰をフォローしているのか、誰からコメントがきているのかなどまでチェックをされたら、男性はちょっと恐怖すら感じるかも。

そうやって自分では気づかぬ間に、相手の楽しみを奪ったり、行動に制限をかけていたりするケースもあるので、いきすぎた干渉には十分に注意してくださいね。

LINEを「ルール化」する

「いつの間にか、おはようとおやすみのLINEを必ず送らなきゃいけないことになっていて、はっきり言ってそれが面倒で重荷になってますね……。」(29歳/男性/メーカー)

毎日必ずLINEをする、仕事から帰宅したらLINEをする、寝る前にはLINEでおやすみを言い合う。

そういった暗黙のルールができてしまうと、いずれはそれに縛られるようになっていくものです。

また、そのルールが守れなかったときに彼女から責められたりしたら、男性はうんざりするはず。

あくまでも自由なやり取りを心がけないと嫌われる原因にもなってしまいますよ。

おわりに

好きだからといって、その感情を押しつけてしまうと、愛情だとは感じてもらえないでしょう。

縛れば縛るほど、男性はそこから逃げたくなるはずなので、自由を奪いすぎてはダメですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)